粗大ゴミを無理なく捨てるために必ず役立つ全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

粗大ゴミまとめ | 無理なく捨てるために必ず役立つ全知識

これはゴミ収集日に出せるゴミかな、いや、これは粗大ゴミに該当するものかな…。
『ゴミの定義』って難しいですよね。

地域によっては家庭一般ゴミで、ゴミ収集日に出せるモノに分類できますし、地域によっては粗大ゴミとなり、ゴミ収集日には出すことができないモノにもなります。

万が一『粗大ゴミ』に分類された場合、定期的に行われている家庭一般ゴミの収集日には出すことができず、行政が用意している「持ち込み、戸別回収」という方法で処分しなければなりませんし、場合によっては民間業者に依頼して回収してもらう必要も出てきます。

地域ごとに分類に困る粗大ゴミの捨て方でお困りの方、どうやって処分したらいいのかお困りの方に向けて、粗大ゴミを賢く処分するための知識集、方法のすべてをまとめました。

ぜひご活用ください。

粗大ゴミの捨て方について

粗大ゴミの捨て方について

人が作ったものを人が処分できないわけはありません。
どんなに処分が難しい粗大ゴミでも、必ず『捨て方』はあります。

行政に相談できますし、民間の廃品回収業者さんに相談もできます。

粗大ゴミの捨て方についてのすべてをまとめましたので参考にしてみてください。

行政と業者どっちに頼めばいいのか?<

行政と業者どっちに頼めばいいのか?<

粗大ゴミを捨てる方法は、大きく分けて『行政に依頼する方法』と『民間業者に依頼する方法』とあります。

どっちが良くてどっちが悪いわけではなく、それぞれにメリットデメリットがあります。
行政と業者どっちに頼めばいいか分からないと考えている方に向けて、行政と業者との捨て方を比較しました。

ぜひ参考にしてみてください。

粗大ゴミに関する法律

粗大ゴミに関する法律

昔はやってよかったことでも今はダメになったこと。
逆に昔はダメでも今は良くなったことがあります。

粗大ゴミに関する法律は年々変わっているので、知らないと損することもよくあります。
粗大ゴミに関する法律をすべてまとめましたので紹介します。

粗大ゴミの捨て方(戸別回収)

粗大ゴミの捨て方(戸別回収)

地域によっては、『戸別回収』といって、指定のエリアに粗大ゴミを置いておけば行政から委託されゴミ処分業者が取りに来てくれます。
※一部の地域では戸別回収は行っておりません。

戸別回収をしてもらうにあたり、必要な情報をまとめました。

粗大ゴミの捨て方(持ち込み)

粗大ゴミの捨て方(持ち込み)

大きな粗大ゴミや、処分しにくいゴミを自分で処分するのは大変です。
大変だからといって民間の業者に頼むと、そこそこの料金を請求されてしまうでしょう。

時間に余裕がある方は市役所(自治体)に相談し、持ち込み処分をやってみてはいかがでしょうか?
民間業者に依頼するよりもはるかに安く(無料の地域もある)処分できるのでオススメです。

各地域粗大ゴミの出し方

各地域粗大ゴミの出し方

粗大ゴミの定義や出し方は地域によって全く違ってきます。
持ち込み処分、戸別回収を行っている市区町村、戸別回収は行っていない市区町村。

持ち込みでも無料で行っている市区町村があれば、有料の地域もあります。

よりお問い合わせの多かった地域を中心に、粗大ゴミの出し方を地域の担当者に直接聞き、そのすべてをまとめました。

粗大ゴミの処分料金はいくら?色んな処分方法と料金について

粗大ゴミの処分料金はいくら?色んな処分方法と料金について

粗大ゴミを捨てるにあたり、気になるのが処分料金です。
なるべく安く処分したいと思うものの、実際処分したことがない方だとどうしても気になってくるものですよね。

捨てにくいもの、初めて捨てる方が困りそうな粗大ゴミの処分料金や処分方法をすべてまとめました。

粗大ゴミ処分するための便利グッズ

粗大ゴミ処分するための便利グッズ

大きな粗大ゴミ、小さくてもこのままでは処分に困るような粗大ゴミは、便利グッズを使って処分してみましょう。

プロも使っている色んなグッズがありますのでぜひ参考にしてみてください。

粗大ゴミを出し忘れてしまったら…

粗大ゴミを出し忘れてしまったら…

仕事で忙しい、プライベートが忙しくてつい粗大ゴミを出し忘れてしまうこともあります。

「ゴミを出し忘れて困った…。」と思っている方に向けて、どうやってゴミを出したらいいかをまとめました。

粗大ごみとして捨てられないって本当?テレビを処分する6つの方法

若者の酒離れ、若者の車離れ、若者の恋愛離れ…

「若者の◯◯離れ」というフレーズがテレビやインターネットでたびたび話題になります。

その中に「若者のテレビ離れ」というのがあります。

若年層を中心に、テレビを見る人が減ってきているのです。

インターネットが普及して面白くて興味深いコンテンツがたくさん現れたことや、ただ単純にテレビのコンテンツが面白くないといったことや、他の趣味や嗜好に時間を割いているといったことが主な理由のようです。

とある大学で大学生650人を対象に実施された「キー局地上波で週1回放送されている連続テレビドラマ25番組の視聴回数の調査」では、調査対象の約6割の大学生が「一週間でテレビドラマを一度も見ていない」と回答したそうです。(テレビドラマを見ない大学生の「背伸び」しないライフスタイル)

僕自身も元からドラマやバライティを見るタイプの人間ではなく、衛星放送でサッカーの試合くらいでしかテレビを観ることがありませんでした。

そんなサッカーの試合もインターネットで観れると知ってからは、もう全くテレビを見ることが無くなってしまいました。

ということで、学生時代に買ったテレビが部屋でずっと放ったらかしになっていたのです。

キチンと映るけど新しくはないから売ることも難しそうだし、誰かあげるか捨てるかしないとと思っていました。

今この記事を読まれている方の中にも、もう見なくなって久しいテレビ(ブラウン管テレビ)の処分をどうしようかと考えている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

捨てようかどうしようかという時にいろいろと調べたのですが…テレビって粗大ごみで捨てられないんですね。

決まりがあるらしく自治体は回収処分をしてくれないのです。

ではどうすればテレビを捨てることができるのでしょうか?

今回はテレビの処分に関して、なぜ自治体の粗大ごみに出すことができないのか、ではどうすれば捨てることができるのか、ということについて紹介していきます。

続きを読む

料金の安さか便利さか!?行政と業者との粗大ゴミ捨て方比較

引っ越すために片付けや掃除をしていると、いろんなゴミが大量に出てくると思います。

燃えるゴミや不燃ごみはもちろん、家具家電などの粗大ゴミも大量に出てくるのではないかと思います。

燃えるゴミや不燃ごみなどは袋の中に入れてしまえば後は捨てるだけですが、粗大ゴミは大きくて重たいしなかなか捨てづらいですよね?

中には引っ越しを依頼した引っ越し業者が、粗大ゴミや不用品の回収をしてくれる業者だから大丈夫!という方もいらっしゃると思います。

(粗大ゴミや不用品の回収までしてくれる引っ越し業者の存在をご存知ないという方が大勢いらっしゃると思います。詳しくは「引越し業者に依頼した方が良いのか?引っ越し時の不用品の処分方法」「【引っ越し予定の方必見!】3つの引越不用品の処分方法」をご覧ください)

しかし引っ越しを依頼した引っ越し業者が不用品回収をしていないという人の方が多いのではないかと思います。

僕もかつて利用した引っ越し業者さんは、粗大ゴミや不用品回収のサービスは持っていませんでした。

粗大ゴミはどうしようと相談したところ、「行政のゴミ収集に頼むか、不用品を回収してくれる業者に頼むかしかない。」と言われました。

引っ越しを依頼した業者が粗大ゴミや不用品を回収してくれないという方は、ご自身で粗大ゴミや不用品を処分するか、粗大ゴミや不用品を処分してくれる業者に頼むかの二択になるのではと思います。

では、行政のゴミ収集と不用品回収業者とは、どこがどう違うのでしょうか?

僕がかつて利用した引っ越し業者さんは「行政に頼んだ方が安いよ。」と教えてくれましたが、その他に何か違いがあるのでしょうか?

ひょっとして今この記事を読まれているあなたも、自分で粗大ゴミを捨てようか不用品回収業者に頼もうか悩んでいる方なのではないでしょうか?

今回は不用品や粗大ゴミを捨てるという場面において、行政のゴミ収集と不用品回収業者のどちらがどう良いのか悪いのか、そしてそれらを踏まえて双方の場合で粗大ゴミを捨てるとなった場合のおおまかな流れを紹介していきます。

続きを読む

自転車を粗大ゴミとして捨てる前にしておくべき”あること”とは?

家の駐輪場に、乗らなくなって久しい自転車を置いていませんか?

特に公共交通機関があまりない地方に住んでいる方だと、そういう方は多いのではないでしょうか?

学生の頃は自転車しか交通手段がなかったけど、車に乗れるようになってからは全く乗らなくなって放置しているという方は多いのでは?

僕もそういった中のひとりで、中学生~高校生の頃は自転車しか移動手段がなく自転車ばかり乗っていましたが、車やバイクに乗れるようになってからは、自転車に乗る機会はめっきり減りました。

おかげで家のガレージには、中学生の時に買ってもらった自転車がポツンと置かれています。

いつまでも置いていても仕方ないから、どうにかしないとなと思っています。

チェーンやフレームのところどころにサビが浮いて出てきているので、売ったり誰かにあげるのは忍びないと感じています。

となると処分ということになりますが…

中高6年間、雨の日も風の日も僕を学校へ連れて行ってくれた思い出深い物なので、処分するとなると悲しい気持ちになります。

しかしいつまでも放ったらかしておくのも自転車にとっては可哀想なことに思えるので、粗大ゴミとしてだそうと思います。

でもそこでひとつ気がかりなのが、防犯登録のことです。

もう使わない自転車を処分する場合、防犯登録はそのままでいいのでしょうか?

それとももう使わないから、防犯登録は抹消した方がいいのでしょうか?

このことについてちょっと調べてみたんですけど、処分の方法によっては防犯登録は抹消してから自転車を処分した方が良いようです。

なぜ自転車を処分する際に防犯登録も抹消した方が良いのでしょうか?

どうやって防犯登録を抹消すれば良いのでしょうか?

今回は自転車の処分に際して、防犯登録を抹消した方が良い理由や、防犯登録の抹消の方法について紹介していきます。

続きを読む

解体は面倒…粗大ごみ処理券って何?学習机の処分方法とは

子どもの頃に勉強するために買ってもらった学習机を、大人に使わなくなった今も処分せずに置いたまま・残したままにしているという方って意外と多いのではないでしょうか?

そういう私も、実は未だに部屋の中に学習机を残しています…

使わなくなってかなり経つのですが、かといって捨てるのも億劫でそのままにしています…

というのも、僕の部屋は2階にあるので学習机を捨てるためには解体してバラバラにしないと下ろせないのです。

この解体って作業が非常に面倒なんですよね。

また、その机を捨てるために市の環境センターや粗大ごみ処理場へ持って行くのも面倒なんですよね。

何とか解体せずに、楽に学習机を処分する方法ってないんでしょうか?

なるべくお金のかからない方法ってないんでしょうか?

今この記事をお読みの方も、そのような願望をお持ちなのではないでしょうか?

今回この記事では不用になった学習机の処分の仕方について、費用の調べ方も交えて紹介していきます。

続きを読む

粗大ごみの他に手段は?いらないテーブルの3つの処分方法

引っ越しをすることになって、冷蔵庫や洗濯機などのほとんどの家具家電を引っ越し先に持って行くけど、調子が悪い物や壊れている物、または引っ越し先で新しくしたい物をこのタイミングで捨ててしまおうと考える人って多いのではと思います。

さて、もしあなたがそのような立場に置かれたとしたら、どうやってテーブルを処分しようとしますか?

引っ越しの時だけではありませんが、テーブルを処分することってなかなかないのでは無いでしょうか?

一体誰に頼めば良いか、どこに電話をかけて良いのか、いくらくらいかかるのか気になると思います。

今回は壊れてしまって使いにくくなった、または新しく買い替えるための古いテーブルの処分について、処分の方法や費用の調べ方などについて紹介していきます。

続きを読む

粗大ゴミでも大丈夫?意外と知らないパソコン廃棄の方法集

僕の伯父は昔からパソコンを作ることが好きで、かなり昔からいわゆる「自作PC」を数多く作ってきました。

でも作ったパソコンは誰かに売ったりあげたりすることが目的ではなかったので、全てが家の中にある状態なのです。

またノートパソコンも定期的に購入していたので、これもかなりの量が家の中にある状態です。

しかし家の容量も限りがあり、たくさんのパソコン達が居住空間を圧迫するようになってきたので処分しようと思ったのですが…

これまでパソコンを作ることだけに夢中だった伯父は、パソコンのゴミ処分の方法は全く知らなくて困っているのだそうです。

確かにパソコンって買うことはあっても処分することってあまりないですよね?

今この記事をお読みのあなたも、ノートパソコンやデスクトップ型パソコンなどの処分の方法でお困りなのでは?

今回はパソコンの処分の方法について、これぞスタンダードという方法からちょっと変わった方法、廃棄予定のパソコンをお金にする方法などを紹介していきます。

続きを読む

粗大ゴミで捨てるのは面倒…ベッド・マットレスの賢い捨て方

寝具って家具家財の中でも結構大きくて場所を取りますよね?

買う時はもちろん、捨てる時も大変な労力を要します。

特に捨てる時はどうやって捨てれば良いか、誰に頼めば良いかわからないという方が多いのではと思います。

実はこの度、僕が新しいベッドとマットレスを買うことになり、かつて使っていた金属製のロフトベッドとソファーベッド、そしてマットレスを処分することになりました。

最初は自治体の粗大ゴミ処分に出そうと思ったのですが…正直ベッドを解体するのは非常に面倒…

マットレスも切り刻むか折り畳んでゴミ袋に入れて燃えるゴミとして捨てようと思ったのですが、切り刻むのは面倒だしどう頑張ってもゴミ袋に入りませんでした…

しかも調べてみたところ、僕が使っていたマットレスは分厚いという理由で、自治体や不用品回収業者に処分を依頼してもお金がかかることがわかりました。

物の厚さ薄さによって、処分にお金がかかるマットレスとかからないマットレスがある…?

今この記事を読んでいる方の中でベッドやマットレスを捨てようとしていた方、このことご存知でしたか?

そもそもベッドやマットレスの処分の方法って、どういう方法があるのでしょうか?

そしてそれらの方法って、一体いくら払えば良いのでしょうか?

今回はベッドやマットレス・ベッドパッド等の寝具を捨てよう・処分しようと考えている方に、処分に関して知っておくべきことや、処分方法と費用についてや、不用品回収業者に依頼した場合の処分料金の調べ方について紹介していきます。

続きを読む

不用品となった粗大ゴミを回収・処分する目的別の2つの方法

皆さん生活している中で、一番量が多くて、かつ頻繁に収集日に出すゴミは燃えるゴミではないかと思います。

そして不燃ゴミや資源ゴミなどが後に続いていくと思います。

となると、一般的な家庭が「粗大ゴミ」が出る時って、あって1年に数回なのではないでしょうか?

そして、たまにしか粗大ゴミを出さないから、粗大ゴミを出すことになる度に、こう思いませんか?

「あれ?コレってどう処分すれば良いんだ?」

粗大ゴミと言っても、一口には括ることができません。

例えば、木製のタンスとブラウン管テレビは、同じ「粗大ゴミ」の括りではありますが、その処分の方法は全く違います。

「コレはどこに持って行けば良いの?アレはいつの収集日にゴミ収集所に出しておけばいいの?」

粗大ゴミの処分方法について、なるべく簡単な方法や料金のかからない方法を知りたいという方はいらっしゃらいませんか?

そんな処分方法で頭の中が「???」となっている時に、凄くタイミングよく“あの車”が登場しました。

「不用になった、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、バッテリー、アルミホイール等など、何でも回収いたします~。お気軽にお申し付けください~」

そう、廃品回収車です。

何でも回収してくれるなら、処分の方法がわからなくて困っている粗大ゴミを回収してほしいですよね?

でもあの廃品回収車に粗大ゴミを出して、大丈夫なんでしょうか?

ああいった廃品回収車は、よく「無料で回収します」とアナウンスしているけど、本当に無料で回収してくれるのでしょうか?

今回は粗大ゴミの処分について知りたいという方に向けて、なるべく安く・簡単に粗大ゴミの処分をする方法、物によって処分方法が違うという話、さらには廃品回収車の裏側まで紹介していきます。

続きを読む

無料回収はちょっと待った!不用品になったテレビの廃棄方法

テレビのアナログ放送が終了して今年で4年が経ちました。

アナログ放送からデジタル放送へ移行している時期は、廃品回収の日になると古くなったブラウン管テレビが大量に出されていたことを思い出します。

でも、意外なことに最初に地上デジタル放送が始まってから、今年で13年が経つのですね。

当時地上デジタル放送を観るために購入したテレビも、そろそろ壊れたり調子が悪くなってくるのではないでしょうか?

僕の自宅にあるテレビも地上デジタル放送へ移行する前に買った物なのですが、最近画面に映る映像が荒れたり映像自体が映らなくなるので、そろそろ替え時かなと話しています。

でもそんな時にひっかかるのが、テレビの処分についてです。

なるべく安く、できれば無料で処分してしまいたい。

でも町中を走っている無料の廃品回収車に渡すのはどうなのか?安全なのか?

購入した家電量販店に回収してもらいたいけど、もう買った家電量販店が無いということもあるでしょう。

一体テレビの処分って、どうすればいいのでしょうか?

今回は、テレビの処分について困っている方に向けて、適切な処分の方法や、無料廃品回収に出しても良いのかということなどを紹介します。

続きを読む

許可が無いと話にならない!不用品回収を個人でするためのバイブル

音声を流しながら軽トラで周回している廃品回収車がいますよね?

あれって、結構簡単にできるのではと考えたことはありませんか?

僕も以前は「軽トラとスピーカーさえありゃできるんかな?」って思っていました。

最近も知り合いの方から同じような相談を受けました。

その方は女性なのですが、その方のご主人が便利屋というか、不用品回収をやりたいそうなのです。

片手間でもできそうだと思われたらしく、やってみたいのだそうです。

しかし個人でやるつもりで会社を立ち上げるほどのことは考えていないらしいのですが、チラシなどを作るときに、なんとか商会みたいな会社名があったほうが良いのかとか、そもそも社名は勝手につけていいものなのかとか、それ以前に何を用意すれば良いかわからないことだらけだそうです。

張本人の旦那さんは、「古物商の許可だけあれば良いんだろ」と仰っているらしいのですが…

今このブログを読んでいる方の中にも、過去に一度は、または今現在に不用品回収業をしようか考えている方がいらっしゃるのではないですか?

でも、一体何が必要なのか、どうすれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか?

結論から先に書かせていただくと、不用品回収を個人でやるためには、必要なことや物がたくさんあります。

今回は不用品回収業を始めるにあたっての必要な事項などについて、紹介していきます。

続きを読む

今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら