粗大ゴミを無理なく捨てるために必ず役立つ全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

粗大ゴミまとめ | 無理なく捨てるために必ず役立つ全知識

これはゴミ収集日に出せるゴミかな、いや、これは粗大ゴミに該当するものかな…。
『ゴミの定義』って難しいですよね。

地域によっては家庭一般ゴミで、ゴミ収集日に出せるモノに分類できますし、地域によっては粗大ゴミとなり、ゴミ収集日には出すことができないモノにもなります。

万が一『粗大ゴミ』に分類された場合、定期的に行われている家庭一般ゴミの収集日には出すことができず、行政が用意している「持ち込み、戸別回収」という方法で処分しなければなりませんし、場合によっては民間業者に依頼して回収してもらう必要も出てきます。

地域ごとに分類に困る粗大ゴミの捨て方でお困りの方、どうやって処分したらいいのかお困りの方に向けて、粗大ゴミを賢く処分するための知識集、方法のすべてをまとめました。

ぜひご活用ください。

粗大ゴミの捨て方について

粗大ゴミの捨て方について

人が作ったものを人が処分できないわけはありません。
どんなに処分が難しい粗大ゴミでも、必ず『捨て方』はあります。

行政に相談できますし、民間の廃品回収業者さんに相談もできます。

粗大ゴミの捨て方についてのすべてをまとめましたので参考にしてみてください。

行政と業者どっちに頼めばいいのか?<

行政と業者どっちに頼めばいいのか?<

粗大ゴミを捨てる方法は、大きく分けて『行政に依頼する方法』と『民間業者に依頼する方法』とあります。

どっちが良くてどっちが悪いわけではなく、それぞれにメリットデメリットがあります。
行政と業者どっちに頼めばいいか分からないと考えている方に向けて、行政と業者との捨て方を比較しました。

ぜひ参考にしてみてください。

粗大ゴミに関する法律

粗大ゴミに関する法律

昔はやってよかったことでも今はダメになったこと。
逆に昔はダメでも今は良くなったことがあります。

粗大ゴミに関する法律は年々変わっているので、知らないと損することもよくあります。
粗大ゴミに関する法律をすべてまとめましたので紹介します。

粗大ゴミの捨て方(戸別回収)

粗大ゴミの捨て方(戸別回収)

地域によっては、『戸別回収』といって、指定のエリアに粗大ゴミを置いておけば行政から委託されゴミ処分業者が取りに来てくれます。
※一部の地域では戸別回収は行っておりません。

戸別回収をしてもらうにあたり、必要な情報をまとめました。

粗大ゴミの捨て方(持ち込み)

粗大ゴミの捨て方(持ち込み)

大きな粗大ゴミや、処分しにくいゴミを自分で処分するのは大変です。
大変だからといって民間の業者に頼むと、そこそこの料金を請求されてしまうでしょう。

時間に余裕がある方は市役所(自治体)に相談し、持ち込み処分をやってみてはいかがでしょうか?
民間業者に依頼するよりもはるかに安く(無料の地域もある)処分できるのでオススメです。

各地域粗大ゴミの出し方

各地域粗大ゴミの出し方

粗大ゴミの定義や出し方は地域によって全く違ってきます。
持ち込み処分、戸別回収を行っている市区町村、戸別回収は行っていない市区町村。

持ち込みでも無料で行っている市区町村があれば、有料の地域もあります。

よりお問い合わせの多かった地域を中心に、粗大ゴミの出し方を地域の担当者に直接聞き、そのすべてをまとめました。

粗大ゴミの処分料金はいくら?色んな処分方法と料金について

粗大ゴミの処分料金はいくら?色んな処分方法と料金について

粗大ゴミを捨てるにあたり、気になるのが処分料金です。
なるべく安く処分したいと思うものの、実際処分したことがない方だとどうしても気になってくるものですよね。

捨てにくいもの、初めて捨てる方が困りそうな粗大ゴミの処分料金や処分方法をすべてまとめました。

粗大ゴミ処分するための便利グッズ

粗大ゴミ処分するための便利グッズ

大きな粗大ゴミ、小さくてもこのままでは処分に困るような粗大ゴミは、便利グッズを使って処分してみましょう。

プロも使っている色んなグッズがありますのでぜひ参考にしてみてください。

粗大ゴミを出し忘れてしまったら…

粗大ゴミを出し忘れてしまったら…

仕事で忙しい、プライベートが忙しくてつい粗大ゴミを出し忘れてしまうこともあります。

「ゴミを出し忘れて困った…。」と思っている方に向けて、どうやってゴミを出したらいいかをまとめました。

今は野焼きをしたら罰則が!?廃棄物処理法の今までとこれから

皆さんの家や、またはご近所さんのお家には、以前「焼却炉」という物がありませんでしたか?

まるで陶芸家の作家さんが用いる窯の小さい版のような、ボディがレンガやコンクリートで出来ていて、中が空洞になっていて煙突があるタイプの焼却炉です。

僕の家にはありました。

紙ゴミとかダンボールとか刈り取った芝や雑草など、簡単に燃やせるゴミはその中に入れて、火を付けて燃やしていました。

しかし10年ほど前でしょうか、我が家にあった焼却炉や、ご近所の家にあった焼却炉は無くなってしまいました。

火災の原因になりかねないということもあるでしょうが、ゴミが燃えきれなくて発生した未燃焼ガスや有毒ガスのことが、家庭用焼却炉が減った原因と言われています。(しかし例外等もあり、完全に家庭用焼却炉が無くなったわけではありません。)

ゴミのことだけではありませんが、このように「昔は良かったけど今はダメになった」ということはよくあります。

自動車のシートベルトを例に挙げると、今は後部座席まで義務化されていますが、かつては後部座席のシートベルトは任意でした。

時代の移り変わりに伴い、昔は良しとされてきたことが、今では悪しとされるのです。

今日はゴミや廃棄物における「昔は良かったけど今はダメになった」という事象を作り上げている「廃棄物処理法」を紐解いていきます。

続きを読む

無害なるまで10万年!?高レベル放射性廃棄物の処理について

第二次世界大戦で唯一の被爆国となった我が国は、それ以降世界中に核兵器の悲惨さを訴え、廃絶を呼びかけてきました。

そして、2011年3月11日に発生した東日本大震災によって起きた福島第一原発事故により、日本国民だけではなく世界中が原子力の危険さや悲惨さを改めて目の当たりにする事態となりました。

核兵器のような軍事的使用だけではなく、原子力発電のような人々の生活に欠かせないライフラインの役割としてでも、原子力という存在は恐ろしい存在だと気付かされました。

福島第一原発の事故以降、世界中で原子力について見直され、特にドイツは脱原子力発電の道を歩み始めました。

ドイツは2022年までに、国内にある全ての原子力発電所を閉鎖すると発表しています。

一方でフランスでは電力の約8割を原子力発電で生み出しており、周辺他国へ電力を輸出していたり、原子力発電の技術輸出も盛んに行われています。

原子力発電に賛成をする人達は、原子力発電所で働く人や周辺の町の雇用や経済の面や、火力発電に比べて圧倒的に少ない燃料で、火力発電と同等かそれ以上の電力を安定的に生み出せるなどのメリットを優先し、原子力発電を廃止するべきではないとしています。

我が国日本でも、原子力発電所の稼働や停止のニュースが大々的に報道され、原発反対派や賛成派が意見を交わしている状況です。

さて、多くの人達が原子力発電を考える上でまず気になることと言えば、原子力発電で使用された使用済み核燃料、いわゆる放射性廃棄物をどう処理するかということが挙げられます。

非常に強い毒性があり危険とされる使用済み核燃料は、現在国内のいくつかの施設において埋設処理がなされていますが、国内だけでは処理しきれずに国外へ輸出をしている状況です。

また、核燃料サイクルといって使用済み核燃料から原子力発電で使われるウランやプルトニウムを再度取り出して使用するという仕組みもありますが、目的を果たせずにいます。

コストや効率を優先させるか、福島第一原発のような事故や処理が難しい危険な使用済み核燃料をどうするか、核や原子力発電を取り巻く環境は、岐路に立たされています。

今この記事を読まれているあなたも、ひょっとしたらコストや効率を優先させて原子力発電を進めた方が良いのか、それとも自分の子孫に有害なゴミを残すべきではないから原子力発電は止めた方が良いのではと考えているのではないでしょうか?

今回は廃棄物の観点から、使用済み核燃料(放射性廃棄物)の危険性についてや、放射性廃棄物の処理が今後どうなっていくかなどについて紹介をします。

続きを読む

ウソの記載は罰則対象!産業廃棄物処理とマニフェストについて

個人事業主の方や自ら事業をされている方は、事業活動を展開していく中でゴミや廃棄物って必ず出ると思います。

メモで使った紙くずから、大量の廃木材や取り払ったアスファルトまで、ゴミや廃棄物は多岐に渡ると思います。

でも、そういったいわゆる産業廃棄物の処分って大変ですよね?

家庭で出るゴミと一緒に捨てることはできないので、きちんと産業廃棄物として処理しなくてはなりません。

(産業廃棄物の処理全般については、「まずは何から?どうすれば?初めての産業廃棄物処理について」を読まれると参考になると思います。)

産業廃棄物の処理は決められていることや法令が多く、なにか間違ったことをすると罰則を受けることになり、もし罰則を受けると事業を進めることが困難になってしまいます。

「家庭ごみとは分けているけど、本当に今の捨て方で良いのだろうか?」

「一応正しく捨てているつもりだけど、この方法で良いのかな?」

「間違った捨て方をしていた知り合いが警察から注意を受けていた…自分も気をつけないといけない…」

今まさにこのような不安を抱えている方って、いらっしゃるのではないかと思います。

今回のこの記事では、産業廃棄物の処理に関して、特に産業廃棄物を処分・処理する時に欠かせない産業廃棄物管理票、いわゆるマニフェストについて、詳しく紹介します。

続きを読む

家庭ごみとして捨てて良い?産業廃棄物の正しい捨て方や罰則

テレビを見ていると、昔から続く仕事を親子何代にも渡って継いでやっているという家族を見ることがあります。

家が代々左官屋さんで自分の左官をしているとか、代々漆の漆器を作り続けているだとか、そういった方々です。

最近では後継者不足の問題が表面化し、後を継ぐ者や子どもがいないといったことが頻繁に取り上げられている印象を受けます。

そんな中でも、「自分は家業を継ぐつもりでやっている」という方も大勢いらっしゃると思います。

さて、継ぐつもりでやられている家業をしている過程で、ゴミって出ませんか?

いろいろなお仕事があると思いますが、その仕事をする中で多かれ少なかれゴミは出てくるかと思います。

仕事や家の事業で出てきたゴミは、どのようにして処分していますか?

もしかして、家から出るゴミを捨てるのと同じように捨てていませんか?

家から出るゴミと一緒に事業で出たゴミを捨てていると、廃棄物処理法に基いた罰則を受けることになるかもしれません。

今回の記事では、事業で出たゴミを家庭用のゴミとして捨ててはいけない理由や、事業ででたゴミの捨て方や具体的な流れについて紹介していきます。

続きを読む

まずは何から?どうすれば?初めての産業廃棄物処理について

起業して何か事業を始めるですとか、今までやってきた仕事を独立してやっていくですとか、親がやっていた事業を継ぐことになったという方は多いと思います。

そういった方々は、新たな船出に向けて様々な準備に追われていることだと思います。

さて、あなたがたがこれからしようとしている事業は、ゴミや廃棄物が出てくるでしょうか?

「そういえば、事業で出たゴミはどう捨てれば良いんだ?」

「一般の家庭用のゴミ袋で出してもいいのかな?」

「ガラスとか廃油とか金属ごみとか、そういった物も普通に捨てて良いのかな?」

今まさにこういったことを考えながら、この記事を読まれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

実は事業をする中で出たゴミや廃棄物は、決して一般家庭用のゴミ収集に出してはいけません。

事業をする中で出たゴミは、必ず一般家庭のゴミとは分けて処理・処分されるように決められています。

今回は、なぜ事業をする中で排出されたごみや廃棄物は一般廃棄物と分けて処理・処分されなければならないか、分けて処理・処分する時の流れなどについて紹介していきます。

続きを読む

どこで買えるの?いくらなの?粗大ごみ処理券(シール)について

イスやマットレスや戸棚など、そこまで大きくない物でも粗大ごみとして捨てるとなったら、少々面倒に感じることだと思います。

特にそれらの粗大ごみを運べるような車をお持ちでない方や、車を持っていても日中に自由に使える時間がないという方は、お住まいの自治体の粗大ごみ処理施設に持ち込むということが難しいことになってきます。

となると粗大ごみを自ら粗大ごみ処理施設に持って行くのではなく、自治体が回収をしに来てくれる「戸別収集」を利用するという方法を選択することになるでしょう。

しかし…普段粗大ごみを出し慣れていない方からしてみれば、「どのようにして粗大ごみを収集してもらえるのかイマイチわからない…」という方がいらっしゃるのではないでしょうか?

また、わからないにしても「粗大ごみを収集してもらうための券やシールが必要」ということだけは知っているという方もいるのではと思います。

ただ、じゃあその粗大ごみのシールってどうやって入手するのか、どのシールを入手してどうすれば良いのかがわからないと感じている方もいると思います。

僕も最近、子どもの頃に使っていた学習机を戸別収集してもらいました。

初めてのことだったので少しドキドキしましたが、やってみればなんてことのない簡単なことでした。

粗大ごみを戸別収集してもらいたいけどどうすれば良いかわからない…今回はそんな方のために粗大ごみの戸別収集と粗大ゴミシールのことについて、紹介していきます。

続きを読む

捨てたいけどどこへ持ち込めば良いか…粗大ごみはこう処分しよう

粗大ごみを処分するのって、大変ですよね…

物によっては解体・分解しなければ家の外に出せなかったり、解体・分解をしても家の外に持って出ることが困難だったりします。

しかしそれらの問題より前に存在する“壁”…それが「どうやって粗大ごみを処分するか」という問題です。

お住まいの地域に長年住んでいらっしゃるのであれば、近くの粗大ごみ処理施設や粗大ゴミセンターをご存知かと思います。

しかし、例えば引っ越してきて間がなかったり、近くにあった処理施設が老朽化等でなくなってしまったりという場合だと、一体どこに持ち込めばいいかわからないという方もいらっしゃるかと思います。

また、あなたが捨てたい物が果たして粗大ごみとして捨てて良い物なのかが不安ということもあるかと思います。

今回のこの記事では、一体何が粗大ごみであって粗大ごみでないか、またどこに粗大ごみを持ち込めば処分してくれるかということについて、紹介していきたいと思います。

続きを読む

大きくて重たい…実家の片付けで出た粗大ごみの廃棄について

現在、親世代の介護や終活と並行して訪れている問題が「実家の片づけ」と言われています。

そしてこの問題は、高齢になってきた親を持つ、仕事や家事で忙しい子ども世代に降りかかってきます。

僕の母方の祖母は今年で82歳になるのですが、僕の母も最近実家の片付けのことを意識しはじめ、祖母が生きている間に自分の実家の片付けをしておこうとしています。

幸い僕の家と祖母の住む実家は遠くないので、母が定期的に実家に行って片付けをしています。

とりあえず自分達で片付けられる物は先に片付けてしまおうとしているのですが、例えば家具やタンスや本棚などの大きな物は、母や祖母や他の家族親族を巻き込んでも、自分達ではどうすることもできないのではと言っています。

僕達の住む自治体は粗大ごみの捨て方は2種類あり、「戸別収集」を依頼すれば家の玄関先まで粗大ごみを出しておけば、行政の委託を受けた回収処分業者が取りに来てくれます。

しかし、もはや玄関先まで出せられないような大きな物をどうしようか困っています。

そういった物は不用品回収業者に処分してもらえば良いと考えているようですが、一体どのような不用品回収業者に頼めば良いか、そしてそうなった場合いくらくらいの費用が必要になるのか知りたいようです。

今この記事を読まれているあなたも、もしかしたら今まさに「実家の片付け」をしていて、大きく重い物をどうしようかと悩んでいるのではないでしょうか?

今回は、親世代の介護や終活と並行して訪れている「実家の片づけ」に際して、高齢の方には処分することが困難な粗大ごみの廃棄の方法について、紹介していきます。

続きを読む

燃えるゴミ?粗大ごみ?古くなった布団を処分する3つの方法

「布団は一生モノだから」

この国では昔から今まで布団が売られる場で、このような売り文句が使われています。

結婚した時の嫁入り道具として、高価な布団を買ったことがあるという方も多いのではと思います。

しかし布団自体の物にもよりますが、だいたい布団という物は10~15年が使用限度と言われており、それ以上使ってきますと表面の布が破れてきたり、縫い目がほつれてきたり、中の羽毛や羊毛が出てきたりして、使い物にならなくなってしまいます。

そうなってしまうと、高いお金を出した分頑張って使い続けるか、捨てて新しい布団を買うという選択肢が出てくると思います。

さて、古くなった布団を捨てて新しい布団を買おうとした場合、古い布団ってどうやって処分すれば良いかご存知でしょうか?

布団って結局は布とか動物の毛とかでできていますから、そう考えたら燃えそうですよね?

でも、なにぶん布団って大きい物ですから、燃えるゴミや一般ゴミではなくやはり粗大ゴミとして捨てた方が良いのでしょうか?

また、他にも捨てる方法ってないのでしょうか?

今回は古くなって使いにくくなった布団の処分の方法について、粗大ゴミなのか燃えるゴミ・一般ゴミなのか、具体的な捨てる方法や費用について紹介していきます。

続きを読む

粗大ごみだけでない!電子レンジを処分する4つの方法

冷めたおかずも、冷たい弁当も、レトルトのごはんも…

冷たい食べ物なら何でも温めてくれる電子レンジ、便利ですよね。

家族がいる方はもちろん、特に一人暮らしの方は頻繁に使用されるのではないでしょうか?

スーパーで買ってきた冷凍食品や、コンビニで買ってきたお弁当などは、温かくして食べた方が美味しいですよね。

そんな電子レンジも人の手で作られた工業製品ですから、使っていくといつかは壊れてしまいます。

僕もかつて使っていた電子レンジが調子が悪くなって、最後は白煙を上げながら壊れたことがありました。

壊れてしまった電子レンジの処分って、一体どうやるかご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

次に新しい電子レンジを買うという方は、新しい電子レンジを買うところが処分してくれるかもしれません。

しかし、例えば買わなくとも次に使う電子レンジのアテがあるとか、交際相手と同棲するので相手が使っている電子レンジを使うとなったら、壊れてしまった電子レンジはどう処分すれば良いのでしょうか?

ゴミとして処分できるのなら、何ゴミになるのでしょうか?

処分にはいくらくらいの費用が必要なのでしょうか?

今回は初めて電子レンジを処分するという方に向けて、電子レンジの処分の方法や、自治体のゴミだとどう捨てれば良いかや、他に処分の方法について紹介していきます。

続きを読む

今すぐお片付け希望なら
今すぐお片付け希望なら