粗大ゴミまとめ | 無理なく捨てるために必ず役立つ全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

粗大ゴミまとめ | 無理なく捨てるために必ず役立つ全知識

これはゴミ収集日に出せるゴミかな、いや、これは粗大ゴミに該当するものかな…。
『ゴミの定義』って難しいですよね。

地域によっては家庭一般ゴミで、ゴミ収集日に出せるモノに分類できますし、地域によっては粗大ゴミとなり、ゴミ収集日には出すことができないモノにもなります。

万が一『粗大ゴミ』に分類された場合、定期的に行われている家庭一般ゴミの収集日には出すことができず、行政が用意している「持ち込み、戸別回収」という方法で処分しなければなりませんし、場合によっては民間業者に依頼して回収してもらう必要も出てきます。

地域ごとに分類に困る粗大ゴミの捨て方でお困りの方、どうやって処分したらいいのかお困りの方に向けて、粗大ゴミを賢く処分するための知識集、方法のすべてをまとめました。

ぜひご活用ください。

粗大ゴミの捨て方について

粗大ゴミの捨て方について

人が作ったものを人が処分できないわけはありません。
どんなに処分が難しい粗大ゴミでも、必ず『捨て方』はあります。

行政に相談できますし、民間の廃品回収業者さんに相談もできます。

粗大ゴミの捨て方についてのすべてをまとめましたので参考にしてみてください。

行政と業者どっちに頼めばいいのか?<

行政と業者どっちに頼めばいいのか?<

粗大ゴミを捨てる方法は、大きく分けて『行政に依頼する方法』と『民間業者に依頼する方法』とあります。

どっちが良くてどっちが悪いわけではなく、それぞれにメリットデメリットがあります。
行政と業者どっちに頼めばいいか分からないと考えている方に向けて、行政と業者との捨て方を比較しました。

ぜひ参考にしてみてください。

粗大ゴミに関する法律

粗大ゴミに関する法律

昔はやってよかったことでも今はダメになったこと。
逆に昔はダメでも今は良くなったことがあります。

粗大ゴミに関する法律は年々変わっているので、知らないと損することもよくあります。
粗大ゴミに関する法律をすべてまとめましたので紹介します。

粗大ゴミの捨て方(戸別回収)

粗大ゴミの捨て方(戸別回収)

地域によっては、『戸別回収』といって、指定のエリアに粗大ゴミを置いておけば行政から委託されゴミ処分業者が取りに来てくれます。
※一部の地域では戸別回収は行っておりません。

戸別回収をしてもらうにあたり、必要な情報をまとめました。

粗大ゴミの捨て方(持ち込み)

粗大ゴミの捨て方(持ち込み)

大きな粗大ゴミや、処分しにくいゴミを自分で処分するのは大変です。
大変だからといって民間の業者に頼むと、そこそこの料金を請求されてしまうでしょう。

時間に余裕がある方は市役所(自治体)に相談し、持ち込み処分をやってみてはいかがでしょうか?
民間業者に依頼するよりもはるかに安く(無料の地域もある)処分できるのでオススメです。

各地域粗大ゴミの出し方

各地域粗大ゴミの出し方

粗大ゴミの定義や出し方は地域によって全く違ってきます。
持ち込み処分、戸別回収を行っている市区町村、戸別回収は行っていない市区町村。

持ち込みでも無料で行っている市区町村があれば、有料の地域もあります。

よりお問い合わせの多かった地域を中心に、粗大ゴミの出し方を地域の担当者に直接聞き、そのすべてをまとめました。

粗大ゴミの処分料金はいくら?色んな処分方法と料金について

粗大ゴミの処分料金はいくら?色んな処分方法と料金について

粗大ゴミを捨てるにあたり、気になるのが処分料金です。
なるべく安く処分したいと思うものの、実際処分したことがない方だとどうしても気になってくるものですよね。

捨てにくいもの、初めて捨てる方が困りそうな粗大ゴミの処分料金や処分方法をすべてまとめました。

粗大ゴミ処分するための便利グッズ

粗大ゴミ処分するための便利グッズ

大きな粗大ゴミ、小さくてもこのままでは処分に困るような粗大ゴミは、便利グッズを使って処分してみましょう。

プロも使っている色んなグッズがありますのでぜひ参考にしてみてください。

粗大ゴミを出し忘れてしまったら…

粗大ゴミを出し忘れてしまったら…

仕事で忙しい、プライベートが忙しくてつい粗大ゴミを出し忘れてしまうこともあります。

「ゴミを出し忘れて困った…。」と思っている方に向けて、どうやってゴミを出したらいいかをまとめました。

買取り不可能な冷蔵庫を粗大ゴミとして処分する方法まとめ

引越しをする時は、処分したいテレビや冷蔵庫などの電化製品が出てきますよね。
長く使って古くなった電化製品は、引越しを機会に新しく買い換えることも多いです。

電化製品の中でも冷蔵庫は購入する時の価格が高いため、20年以上など長い年月使い続けているという人が多いと思います。

ですから処分したいと思った時点で、とても古くなっていて、リサイクル業者には買い取ってもらえないという場合が多いのではないでしょうか。

冷蔵庫を処分する場合、高い料金がかかります。
できれば処分費用を、少しでも抑えたいですよね。

冷蔵庫は長く使うものなので、私自身冷蔵庫を処分したことがありませんが、私の実家では新しい冷蔵庫を買った時に、販売店が新しい冷蔵庫を運び入れた時に古い冷蔵庫を持って行ってもらい、処分してもらったことがあります。

このように、冷蔵庫を買うのと同時に、買ったお店に処分してもらうという人が多いのではないでしょうか。

しかし引っ越しの時に冷蔵庫を処分するという場合、新しい冷蔵庫を運び入れるついでに引き取ってもらうという方法で処分することができません。

新しい冷蔵庫を買っていない販売店で古い冷蔵庫を処分してもらう場合は、運搬料や手数料が加算され、処分費用が高くなる場合があります。

冷蔵庫を処分する場合、リサイクル料金の他、運搬料金もかかることが多いのです。

そこで今回は、リサイクル業者には買い取ってもらえないような古い冷蔵庫を処分したいと思っている人のために、冷蔵庫を処分する方法をまとめてご紹介します。

続きを読む

洗濯機は粗大ゴミとして処分?買取り?お得に処分する方法

引っ越しをする時は、家電の粗大ゴミがたくさん出ることがあります。

冷蔵庫、洗濯機、テレビなどは引っ越しを機会に処分して、引っ越し先では新しいもの使うという人が多いと思います。

しかし家電を処分しようとすると、費用がかかる場合がほとんどです。
特に古い家電はリサイクルショップでは買い取ってもらえず、処分するのに処分に困ります。

処分費用が高いので、処分をためらったり、もっと安く処分したいと思っている人は多いのではないでしょうか。

私も洗濯機を処分したことがあります。

新しい洗濯機を買ったお店で、洗濯機を配送してもらったついでに、古い洗濯機を処分するために持って行ってもらったことがあります。
この時はリサイクル料金がかかりました。

また、引っ越しをした時も、古い洗濯機を引っ越し業者に処分してもらったことがあります。
引越し業者に処分してもらった時も、リサイクル料金がかかりました。

今まで2台の洗濯機を処分してもらったことがあるのですが、新しい洗濯機を運び入れた時のついでだったり、引っ越しをした時に荷物を運び出す時のついでだったりしたので、リサイクル料金だけを払えばよく、引き取り手数料などはかからなかった記憶があります。

処分したい家電が多いほど処分費用がかかって出費が多くなりますから、処分に高い費用がかかる家電リサイクル法対象の家電を、お得に処分する方法があるのかどうか知りたい人もいると思います。

そこで今回は、洗濯機を処分したいと思っている人のために、洗濯機の買い取りも含め、お得に処分する方法についてご紹介します。

続きを読む

買換えで粗大ゴミとなったプリンターを賢く処分する方法

家にパソコンがある人はプリンターも持っているという人が多いと思います。

プリンターは持っているけれど、プリンターを使うのは年賀状の印刷の時くらいで、年に数回しか使わないという人も中には多いのではないでしょうか。

プリンターは長く使っていないと、インクカートリッジが乾燥して故障の原因になってしまいます。
ですから月に1回は印刷をすると、長持ちすると言われています。

年に数回しか使わないという場合、使っていないにも関わらず、かえって壊れやすくなってしまうのです。

プリンターをあまり使わないことが原因で、インクがうまく出なくなったりして、買い替えなければならなくなったという人も年末になって気付く人が意外と多いかもしれません。

それではプリンターは何ゴミに分類され、どのように処分すれば良いのでしょうか。

プリンターの処分方法がよく分からず、処分するのにお金がかかるのかどうかも気になっているという人がいるかもしれません。

私の実家がある地域では粗大ゴミの日が決まっていて、回収日には家にある粗大ごみや不用品を自由に出して良いことになっています。

粗大ごみ回収日に壊れたプリンターを出したことがありました。
粗大ごみ回収日には、『市から委託された不用品回収業者』が回収してくれます。

しかし、市から委託された不用品回収業者が回収に来る前に、民間の不用品回収業者がやって来て、そのプリンターを持って行ってしまいました。
壊れたプリンターなのに欲しがる人もいるのだと、その時思ったことがあります。

私の実家がある地域のように、粗大ごみを無料で出してよい地域では、市の回収窓口に電話して受付すれば、プリンターも無料で処分することができます。
※有料で回収している地域では、プリンターの処分にはお金がかかります。

プリンターの処分方法は自治体が指定する方法でゴミとして出す他ほかに、不用品回収業者会に処分を依頼するなどの方法がありますが、できれば処分料金がかからない廃棄方法があるといいですよね。

そこで今回は、プリンターを処分して新しく買い換えたいと思っている人のために、古いプリンターをお得に処分できる方法について紹介します。

続きを読む

女性でも粗大ゴミがカンタンに切れる!オススメ廃棄物ノコギリ(カッター)3選

生活スタイルや家族構成が変わったりして、たんす、椅子、ベビーベッド、こたつなど、年月とともに使わなくなる家具が出てくることがあると思います。

家具の場合粗大ゴミとして分類されますが、処分したい家具がたくさんある場合処分費用がかさむため、粗大ゴミとしてではなく可燃ゴミや不燃ゴミなどの一般ゴミとして出したいと思っている人も多いと思います。

粗大ゴミは小さく切ってしまえば、一般のゴミとして処分できるのでしょうか。
大きな家具を切ることは大変ですが、よい道具を使えば女性でも解体することができるのでしょうか。

私自身、大きな家具をノコギリで切ったことはありませんが、ゴミ袋に入らないくらい大きな幅だったのでノコギリで切って、ゴミとして出したことがあります。

切る時に使ったのこぎりは安いもので切れ味が悪かったため、切るのに苦労した覚えがあります。

かといって切れ味のよいノコギリを探して買おうとは思わなかったので、大きな粗大ゴミは自治体が指定している方法で、粗大ゴミシールを貼って回収してもらっています。

処分したい粗大ゴミがたくさんあり、粗大ゴミをノコギリで切って処分する手間をかけてもよいと思っている場合、切れ味がよく効率のよいノコギリを購入すれば、自分で切り分けて一般のゴミとして出すことができます。

そこで今回は、粗大ゴミを切るためのノコギリを探している人のために、女性でも使えるノコギリの選び方と、おすすめのノコギリについてご紹介します。

続きを読む

粗大ごみを出し忘れてしまった時のために知っておきたい3つの出し方

毎日の生活から出るゴミを正しく分別し、ゴミの種類ごとに自治体決めているゴミスケジュールに従って正しくゴミを出すということは、当たり前のようでいて、人によっては難しさを感じている人もいると思います。

ゴミの分別が細くなるほどゴミ収集日のスケジュールが細く分類され、ゴミ出しの日は一週間の中で何日にも分けられます。

生活スタイルによっては、正しい時間に出したいごみを毎回出すことができないでゴミが家にたまってしまい、困っているという人も多いのではないでしょうか。

生ゴミはゴミ出しの日に出しそびれると、腐って臭くなってしまいます。

ペットボトルやダンボールなど、かさばるゴミを出しそびれるとゴミが場所を取り、家に置いておくのが邪魔になって困っている人も多いかもしれません。

ゴミ出しの時間までにタイミングよくゴミを出すことができず困っている人の中には、ゴミ出し日の前夜にゴミを出してしまってはいないでしょうか。

前日の夜にゴミを出すということは、ルールに反することなのか分からないままゴミを出している人もいると思います。

私は何度か引っ越しをしたことがあり、住んでいた地域や賃貸住宅によってゴミ出しの方法が違っていました。

現在私が住んでいる地域では、ゴミは自宅前に出すことになっており、出したゴミの責任は自分でとるようになっています。

自宅前ではなくて、決められたゴミ収集所にゴミを出すという地域もあります。

ある地域のゴミ収集所では、朝のゴミ出しの時間が始まる前まで鍵がかかっていて、その鍵があけられるまでゴミ出しはできないようになっている地域もありました。

多くの地域では、朝の決められた時間内にゴミを出すようにと言われています。
ゴミ出しの時間を指定しているのは、大切な理由があってのことなのです。

そこで今回は、ゴミ出しの時間にゴミを出すことができず、家にゴミがたまってしまって困っている人のために、ゴミ出しのタイミングと、たまってしまったゴミを出す方法についてご紹介します。

続きを読む

掃除機は家電リサイクル家電?家電粗大ごみを無料で処分する方法

ゴミの出し方は、各自治体によって違います。

燃えるゴミと燃えないゴミの分け方は地域によってずいぶんと違うので、引っ越した先でゴミの出し方が分からないという話もよく聞きます。

家電製品を捨てたい時も、地域によって処分の方法が違うことがあり、どの種類のゴミで出せばよいのか分からないことをがありますよね。

例えば掃除機を捨てたい場合、何ゴミに分別すれば良いのか、どうやって処分すればよいのか分からないという方もおられるのではないでしょうか。

掃除機は小型の電化製品ですが、電化製品はゴミとして処分してよいのか、それともリサイクルしなければいけないのかと、分からない方がおられるかもしれません。

または、掃除機は自分でゴミに出してよいのか、一般ゴミとしてゴミ置場に捨てていいものか、それともお店かどこかに引き取ってもらわなければならないのか分からない方もおられるでしょう。

私も掃除機を処分したことがありますが、その時は掃除機の他にも大量にあった粗大ゴミと一緒に、回収業者に処分してもらったことがあります。

不用品回収業者に処分してもらうのも、処分するときの一つの選択肢かもしれません。

しかし掃除機一つだけの処分となると、小さなサイズである掃除機は自分ひとりで運ぶこともできて処分をしやすいということもあり、掃除機だけのために不用品回収業者に依頼するというのも処分料金が高くついて、大げさな処分方法になってしまいます。

私の実家で古い掃除機を処分したときは、粗大ゴミ収集日にゴミ置き場へ掃除機を持っていったら、粗大ゴミ代がかからず無料で回収してもらえました。

地域によっては、古い掃除機を無料で回収してくれる地域もありますが、どちらかといえば無料で回収してくれる自治体は少ないかもしれません。

そこで今回は、掃除機は何ゴミなのか分からず、どうやって処分すればよいのか知りたいと思っておられる方のために、掃除機を無料で処分する方法について紹介します。

続きを読む

処分したい粗大ごみが運べない時はこうやって処分しよう

引っ越しをする時は、引っ越し先でも同じ家具を使うことができればよいのですが、大型家具が必要なくなり処分しなければならないという人もおられるのではないでしょうか。

粗大ごみを処分するとき、最も頭を悩ませるのは粗大ごみの処分方法です。

粗大ごみの運び出しを手伝ってくれる人がいない場合、処分に苦労することが多いものです。

一人で粗大ごみを処分しなければならない場合は、女性の場合は特に粗大ごみを運んでもらうことも考えて処分方法を考えなければなりません。

力持ちの友人がいればいいのですが、なかなか気軽に大型家具の運搬の手伝いを頼めない場合もありますよね。

大型家具の処分を、引っ越しの前に処分するのか、引っ越しの時に処分するのかによっても処分方法が変わってきます。

運び出しを手伝ってくれる人がいるかどうか、いつ処分するかによって、粗大ごみの処分費用はずいぶん変わってくるのです。

粗大ゴミの運び出しを手伝ってくれる人がいなくて、引っ越しの前に処分したい場合、最も処分するのに苦労しますから、粗大ゴミをどう処分すればよいのか分からず、不便さを感じておられる人もおられるのではないでしょうか。

私の実家で、父が古い食器棚を処分したことがあります。

私の実家はゴミ収集場の近くにあり、 私の実家がある市では月1回の粗大ゴミの日にゴミ収集場まで持っていったものは、何でも回収してくれます。

父は家にある食器棚を自分一人で解体し、ゴミ収集所に持って行ったら、全部回収してくれたと言っていました。

このように大型の家具を分解して、何回かに分けて運べるようにすれば、一人で運べる場合があります。

ゴミ出し場まで粗大ゴミを持っていくことができれば、自治体の粗大ゴミの回収サービスによって処分することができ、無料、もしくは安い料金で粗大ゴミを処分することができるのです。

しかし分解できない家具や、 分解するのが大変な場合もあります。

そこで今回は、引っ越し前に家具などの粗大ゴミを処分したいけれど、一人暮らしなので自分一人で運び出すことができず、処分方法を考えておられる方のために、粗大ゴミを処分する方法についてご紹介します。

続きを読む

引越し業者と不用品回収業者どっちがいい? 調べてみました。

引越をする時は、処分しなければならない不用品がたくさん出ますよね。

特に困るのが、ひとり暮らしの人が実家へ引っ越す時など、大型の家電や家具が必要なくなり、多くの大型ゴミや不用品を処分しなければならない場合です。

洗濯機、冷蔵庫、テレビ、ベッド、テーブルなどひとりでは処分できないものがたくさん出てきます。

では引越しの時、多くの粗大ゴミ処分をしなければならない場合、どのようにして処分すればよいのでしょうか?

引っ越し会社の中には、不用品を回収してくれる業者が増えてきました。

引っ越し会社の不用品回収サービスを利用して、引越しと一緒に粗大ゴミ処分も依頼した方がよいのでしょうか?

それとも引越し業者には引越しだけを依頼して、粗大ゴミ処分は不用品回収業者に依頼した方がよいのでしょうか?

不用品の処分方法は、引っ越す時の不用品の量や、処分したい物を買った時期などが関わってきますので、最もよい処分方法はひとつではなく、それぞれの状況によって変わってきます。

ですから、引越しで不用品の処分をする時は、処分したい不用品をリストアップしてから、依頼する業者を選びに入るのがよいでしょう。

私自身引越しをした時に不用品があったのですが、個人で経営されている引っ越し業者に、引越と一緒に不用品の処分をお願いしたら、リサイクル料金のかかる不用電化製品のほかは、不用品の処分料金は払わなくてもよくて、無料でサービスをしてくださったという経験があります。

引越しをお願いする引っ越し会社を決める時、引越しの見積もりと一緒に、不用品の処分も一緒にお願いした場合の見積もりもお願いしておきましょう。

引越し業者が不用品回収をした場合の見積もり料金が分かったら、次は不用品回収業にも、不用品処分を依頼した場合の見積もりをしてもらいます。

不用品回収業者の見積もり結果と、引越業者にまとめて処分してもらった場合の見積もり結果を見比べてみましょう。

依頼するかもしれない業者の見積書の金額と、それぞれの業者に依頼した場合の手間の差を計算に入れて、不用品処分を依頼する業者を決定していけばよいのです。

それでは引越しの時に出る不用品の処分をしたくて、回収業者を探しておられる人のために、引越業者、不用品回収業者、それぞれの業者に頼んだ場合のメリット・デメリットを挙げながら、どの業者に頼めばよいのかを紹介していきたいと思います。

続きを読む

【実話】無料はウソ?ホント?不用品回収業者のトラブル事例

普段のごみ収集で収集してくれないような粗大ゴミや、古くなったり壊れてしまったりした電化製品の不用品を処分する時、どうしておられますか?

引っ越しで粗大ゴミが大量に出たり、娘の子供会で不用品がたくさん出たりした時、どう処分したらよいか困ってしまいますよね。

処分するために、どこかの業者に頼まなければならないのですが、どんな業者へ依頼しておられるでしょうか?

引越し業者、リサイクル業者、不用品回収業者、自治体(自治会)など、不用品の処分をしたい時に思い浮かぶ業者はいろいろあります。

中でも、不用品回収業者を利用される方は多いと思います。

町の中を軽トラックで回り、スピーカーで「ご家庭内でご不要になりましたテレビ、パソコン・・などございませんか?・・無料で回収いたします。」と流して回る、巡回型の廃品回収業者、チラシをポストに投函する不用品回収業者、空き地で不用品を回収している廃品回収業者や、インターネットで広告を出している不用品回収業者もあります。

しかし「無料でお引き取りします」と宣伝する廃品回収業者との間に、トラブルが多いことをご存知でしょうか?

トラブルに巻き込まれないようにするには、実際どんなトラブルがあるのかを具体的に知り、日頃から対策を立てておくと安心です。

実際私自身も、私の母も不用品回収業者を利用したことがあります。

近所で「無料で回収します」とスピーカーから流していた不用品回収業者のおじさんに不用品を回収してもらった後、「500円です」と言われ、「あれ?無料じゃなかったの?お金がかかるの?」と思ったことがあります。

今では、市が委託している不用品回収業者へ依頼するようになりました。

巡回型をはじめとする多くの不用品回収業者は、実は無認可で営業している業者が多く、その中の悪徳業者とのトラブルが問題になっているのです。

粗大ゴミや不用品を処分する時は悪徳業者を見極め、安全な業者へ依頼するようにすれば、未然にトラブルに巻き込まれるのを防ぐことができます。

そこで、悪徳業者によるトラブルを防ぐ方法や不用品を安く処分する方法について、ご紹介したいと思います。

続きを読む

戸惑わずに不用品や粗大ゴミを回収処分してもらう6つのステップ

かつての若者の多くは、働き口の少ない地方から働き口の多い東京などの大都市に出ていって就職をしていました。

しかし現代では、地方だからといって稼げない時代ではなくなりました。

また、都会で働いていたけど、ストレス過多になったり都会の風が合わなかったりで、地元にUターンしたり出身地以外の地方へIターンして就職するという方が増加していると聞きました。

さて、Uターンして久しぶりに地元で暮らすようになったものの、ゴミ出しをしようと思ったら、以前と勝手が変わってしまい「あれ?」と感じた方もいるのではないでしょうか?

またIターンをした方の中には、これまで経験してきたことのないゴミの分別の仕方に戸惑いを感じたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

僕の高校の時の先輩が先日、働いていた東京から10年ぶりにUターンで地元に戻ってきました。

新しい商業施設ができたり、以前までは無かった道路ができていたりと、約10年で地元もすっかり変わったなという話をしていました。

その話の中で特に興味深かったのが、ゴミを出す時に使う指定ゴミ袋ができたということと、粗大ごみを粗大ゴミセンターに持って行って処分する際の処理手数料が無料になっているという話でした。

まさか10年でゴミの出し方などが変わるとは想像していなかったらしく、少し戸惑ったという話をしていました。

こういったごみの収集方法の違いや処分方法の違いというのは、新たにその土地に引っ越してきた方や地元に戻ってきた方にしてみれば、最初は戸惑ってしまうのではと思います。

今回は新たにその土地に引っ越してきた方や地元に戻ってきた方が、その土地でのゴミの処分をするとなって戸惑わないように、こうすればスムーズにゴミの処分ができるようになるという方法やポイントを紹介します。

続きを読む