中泊町内で粗大ごみ・大型ゴミの回収処分を検討中の方の向けて、中泊町での粗大ごみ・大型ゴミ処分時の費用・回収方法~手順までのすべてをまとめました。中泊町の行政・自治体での処分方法なので、安心して処分できます。

中泊町にお住いの方は是非参考にしてみてください。

「お急ぎの粗大ゴミ処分」
であればお力になれます。

即日
対応
可能

即日対応専門サービスだからできる緊急対応!
夜間早朝も対応・年間8万件以上の相談実績。

年中無休・分別不要

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

中泊町の粗大ごみとは?

中泊町での粗大ごみとは、指定袋に入らないごみです。

※金属類・ガラス類を取り除いた小型木製品類(指定袋に入る大きさ)であれば燃やせるごみの日に出せる場合があります。

粗大ごみとして処分できないもの
  • リサイクル家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコン)に該当するもの
  • 事業活動に伴って生じたごみ
  • 処理が困難なもの・危険物(オートバイ、自動車、消火器、タイヤ、バッテリー、ピアノ、ドラム缶など)
  • 火災ごみ
  • 農業ごみ(農薬、農薬袋、肥料袋、農業用機械・器具、パイプハウス、廃油、稲わら、もみがら、燃えがら、農薬容器、農業用ビニールなど)
  • 漁業ごみ(FRP船・木船、漁業用機械・器具、漁網、廃油、燃えがら、漁具など)
  • 医療系ごみ(注射針、メス、注射器、ピンセット、カテーテル、アンプル、点滴チューブパックなど)
  • 建築廃材・土石類ごみ(新築・増築・改築・解体に関わるもの)

粗大ごみの回収方法や処分方法

中泊町で粗大ごみを回収・処分するには、持込み処分の方法があります。

持込み処分とは?

粗大ごみの持込み処分「一部有料」「一部事前申込必要」です。

回収処分前の注意点

行政・自治体で粗大ごみを処分するのは「中泊町内に居住所がある個人」に限ります。
町外に居住所がある場合や事業者は対象外です。

持込み処分

「一部有料」「一部事前申込必要」です。
以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。

持込み処分の注意点

持込みについての詳細は中泊町環境整備課(0173-57-2111)または各処分場へお問い合わせください。

(1)持込受付日の受付時間内に持ち込む

お住まいの地区やごみの種類によって持ち込み先が異なります。
以下の表を参考にしてください。

<燃やせない粗大ごみ>
対象地域 中里地域にお住まいの方
名称 中泊町一般廃棄最終処分場
住所 〒037-0304 青森県北津軽郡中泊町大字尾別字尾別山1-13
持込受付時間 水曜日~日曜日
夏期(3月15日~10月31日) 8:30~16:00
冬期(11月1日~3月14日) 9:00~15:00
休業日 月・火・年末年始(12月30日~1月3日)
電話番号 0173-57-4963
手数料 無料
持込み可能な燃やせない粗大ごみ
  • プラスチック製のもの…衣装ケース、クーラーボックス、照明器具など
  • スチール製のもの…椅子、机、棚など
  • 電化製品類…掃除機、ステレオ、ストーブ、電子レンジ、ビデオデッキなど
  • その他…スキー板、スノーダンプ、スチール棚、脚立など

持ち込む時の注意点
  • 石油ストーブ・ガスレンジ等は、燃料や電池を抜いてから出してください。
  • 油類は抜いて洗浄し、乾燥させてから出してください。
  • 火災予防のため禁煙となっております。
  • ごみ搬入許可証の提示が必要となります。
  • 本人確認のため書類の提示を求める場合があります。
  • 事業所・事業者が請け負った搬入ごみや産業廃棄物は受け入れしません。
  • 処分できないごみは持ち帰っていただきます。
  • 許可証を紛失した場合は中泊町環境整備課(0173-57-2111)に申請してください。
<燃やせない粗大ごみ>
対象地域 小泊地域にお住まいの方
名称 小泊一般廃棄最終処分場
住所 〒037-0300 青森県北津軽郡中泊町大字小泊字成滝139
持込受付時間 月曜日~金曜日、第1日曜日
夏期(3月1日~11月30日) 8:30~16:00
冬期(12月1日~2月末日) 9:00~15:00
休業日 土・第1以外の日曜日・年末年始(12月30日~1月3日)
電話番号 0173-27-9790
手数料 無料

持込み可能な燃やせない粗大ごみ
  • プラスチック製のもの…衣装ケース、クーラーボックス、照明器具など
  • スチール製のもの…椅子、机、棚など
  • 電化製品類…掃除機、ステレオ、ストーブ、電子レンジ、ビデオデッキなど
  • その他…スキー板、スノーダンプ、スチール棚、脚立など

持ち込む時の注意点
  • 石油ストーブ・ガスレンジ等は、燃料や電池を抜いてから出してください。
  • 油類は抜いて洗浄し、乾燥させてから出してください。
  • 火災予防のため禁煙となっております。
  • ごみ搬入許可証の提示は必要ありません。
<燃やせる粗大ごみ・一時大量ごみ>
対象地域 中里地域・小泊地域にお住まいの方
名称 西部クリーンセンター
住所 〒037-0102 青森県つがる市稲垣町繁田白旗11-1
持込受付時間 月曜日~土曜日 8:30~16:30
休業日 日・年末年始(12月31日~1月3日)
電話番号 0173-46-2141
手数料 10kgあたり50円(1円未満の端数は切り捨て)

持込み可能な燃やせる粗大ごみ・一時大量ごみ
  • 木製のもの…椅子、下駄箱、タンス、机など
  • 布団、毛布、じゅうたん、畳など

持ち込む時の注意点
  • 長さ50cm~1m、太さ直径10cm程度に解体後、燃やせるごみと燃やせないごみとに分別し、指定袋に入る場合はそれぞれ各ごみ収集日に出してください。
  • 指定袋に入らない場合は西武クリーンセンターへ自主搬入してください。
  • 金属類は必ず取り外してから出してください。
  • 許可証などの提示は必要ありませんが、事前に電話確認などをしてください。

よくわからない…という方は自治体へご連絡ください。

これは自治体で処分できるのか?というご質問は以下の連絡先に直接ご相談ください。

名称 中泊町環境整備課
電話番号 0173-57-2111

自治体処分に向いていないケースと業者のメリット

粗大ごみを自治体・行政を活用して出すことができれば、無料もしくは格安で処分することが可能です。ですが、

  • 大量の粗大ごみ処分をしたいが、行政では対応してくれない…。
  • そもそも粗大ごみが大きすぎて屋外に出すこともできない…。
  • 全てを一気に片付けたいが、行政では捨てられないゴミもあると言われた…。

このようなケースだと、自治体・行政での粗大ごみ処分には不向きだと思われます。また、お急ぎの場合では自治体・行政では柔軟な対応はしてくれません。

また、持ち込み処分などの場合では、「持ち込むためのトラック」などをレンタルしていると、レンタル料や借りるために移動したり、自治体に運んだりする時間コストを考えると、結果的に費用は高くなることもあります。

片付け110番ができること

無料・格安で処分ができるのはみなさんが納めている「税金」によるおかげです。払った税金なので、今回のような自治体での処分方法をお読み頂き、ご自身で処分できることがベストだと思っております。

ですが、ご自身で処分できる方ばかりではなく、「困ったから何とかしてほしい…。」というお声を全国より頂いております。そこで片付け110番では、自治体では解決できない粗大ごみの処分に対応するサービスを行っております。
※実際に回収・処分するのは各地域で活躍している提携業者様です。

粗大ごみを処分したいけれど「行政では回収してくれないと言われた…。」「どこに頼んでいいかわからない…。」「急いでいるけどどこもスケジュールがいっぱいで困っている…。」「信頼できる業者に頼みたい。」そのようなお悩みをお持ちの方、一度片付け110番にご相談ください。

  • 365日年中無休
  • 最大1億円の賠償保険付
  • お客様満足度90%以上

「自治体で処分したいから外に出すだけでも手伝ってほしい!」など、どんな小さなお悩みでも解決いたします。

即日
片付け
可能

手に負えない、困った状況をすべて解決!
365日年中無休・即日対応・明朗会計です。

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

中泊町の出張粗大ごみ処分サービスについての詳細は、青森県地域密着の不用品回収サービスをご覧ください。