松本市内で粗大ごみを回収・処分してもらいたい方のために、松本市での粗大ごみの回収方法~手順までのすべてをまとめました。

松本市の行政・自治体での処分方法なので、安心して回収を任せることができます。松本市にお住いの方は是非参考にしてみてください。

松本市の粗大ごみとは?

松本市での粗大ごみとは、戸別回収可能な品目(下記表参照)と持ち込み処分でのみ受付する品目に分かれます。

『戸別回収が可能な品目』の表に記載のないものは、市が戸別回収を行いませんので、直接松本クリーンセンターまたは松本市リサイクルセンターに持ち込むか、一般廃棄物収集運搬許可業者へ直接依頼してください。
ただし、いずれの場合も有料となります。

戸別回収が可能な品目
  • スプリング入りマット、スプリング入りソファー
  • 物干し台、物干し竿、カーペット(4.5畳以上)、机、ベッドの枠
  • ステレオ、ミシン、スキー、スノーボード
粗大ごみとして処分できないもの
  • リサイクル家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコン)に該当するもの
  • 松本市内・山形村内以外の他市町村で発生したごみ

粗大ごみの回収方法や処分方法

松本市で粗大ごみを回収・処分するには、戸別回収持込み処分の2つの方法があります。

戸別回収・持込み処分とは?

粗大ごみの戸別回収・処分は、「有料で事前申込制」です。
粗大ごみの持ち込み処分は、事前予約の必要はありませんが、「有料」です。

回収処分前の注意点

行政・自治体で粗大ごみを処分するのは「松本市内に居住所がある個人」に限ります。
市外に居住所がある場合や事業者は対象外です。

戸別回収

以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。

(1)電話で申し込む

施設名 環境部 環境業務課
電話番号 0263-47-1096
受付時間 平日 午前8時30分~午後5時15分
※土曜日、日曜日、祝日、年末年始は休み

住所、名前、電話番号、収集品目をお伝えください。
収集日の確認をさせていただきます。

粗大ごみ収集日について ※平成28年度
地区 収集日
四賀地区 5月25日(水曜日)
10月19日(水曜日)
安曇地区 6月15日(水曜日)
11月16日(水曜日)
奈川地区 6月22日(水曜日)
11月30日(水曜日)
上記以外の地区 毎週木曜日
(祝日、その他の事情で変更になる場合があります。申込時に確認してください)

(2)料金の納付

環境業務課から納付書を送付します。
納付書を使い、銀行または郵便局で収集料金をお支払いください。
※コンビニエンスストアでのお支払いはできません。
発行された領収書をお持ちください。

納付料金について
品目 収集料金
スプリング入りマット 1台1.020円
スプリング入りソファ(2人用以上) 1台1.020円
スプリング入りソファ(1人用以上) 1台510円
物干し台 1台770円
物干し竿 1本150円
カーペット(4.5畳以上) 1枚820円
ステレオ 1台820円
1台820円
ミシン 1台820円
スキー、スノーボード 1式250円
ベッドの枠 1台1.020円

(3)指定された収集日の朝8時30分までにご自宅の軒先に粗大ごみを出す

領収書を粗大ごみに貼って、指定された収集日の朝8時30分までにご自宅の軒先にお出しください。
領収書を確認して収集しますので、当日はご自宅にいていただく必要はありません。

持込み処分

以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。

持込み処分の注意点
  • 持ち込まれた方と持ち込み受付表に記載されている方が同一人であることを確認するため、身分証明書の提示が必要となります。
    身分証明書…運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、パスポート、学生証、社員証、名刺(事業者のみ)など。
    ※車検証は身分証明書にはなりません。
  • ごみを各施設に持ち込む場合は、原則として「排出者本人」しか持ち込むことができません。
    排出者本人が持ち込むことができない場合は、市が許可する一般廃棄物収集運搬業者に依頼してください。
    許可を受けていない個人や業者にごみの収集運搬、処分を依頼することはできません。

(1)受付可能な日時間内に持ち込む

名称 松本市リサイクルセンター
住所 〒390-0851 長野県松本市島内9833-2
持込受付時間 平日 午前8時30分から午後4時30分まで
土曜日 午前8時30分から正午まで
休み 日曜日、祝日、12月29日から1月3日まで
※12月29日から12月31日までは、状況に応じて受入を行う場合があります
電話番号 0263-40-0018
※大量の埋立ごみは事前に環境業務課(0263-47-1096)へご相談ください。
持ち込み可能な品目 松本市内から発生したごみ、資源物のみ

受入品目と持込料金

<持込料金が10キログラムあたり31円のもの>

区分 種類
資源物 紙類、布類、雑びん、生きびん、金属類、小型家電
粗大ごみ 物干し竿、ベッドの枠(金属製)

<持込料金が10キログラムあたり108円のもの>

区分 種類
資源物 シュレッダーされた紙(※)、蛍光管、乾電池、体温計、スプレー缶、ライター
埋立ごみ 陶磁器類、ガラス類、物干し台

(※)…シュレッダーがありますので、ご利用ください。
シュレッダーの利用予約を受付けています。
ご予約いただいた方は優先的にシュレッダーを利用することができます。
お申込みは、電話でリサイクルセンターへ。

<1台あたりの持込料金が決められているもの>

区分 種類 1台あたりの持込料金
粗大ごみ スプリング入りマット、スプリング入りソファー(2人用以上) 920円
粗大ごみ スプリング入りソファー(1人用以上) 460円
持込料金について

料金は合計金額に10円未満の端数金額がある場合は、その端数は切り捨てとなります。

名称 松本クリーンセンター
住所 〒390-0851 長野県松本市島内7576-1
持込受付時間 平日 午前8時30分から午後4時30分まで
土曜日 午前8時30分から正午まで
休み 日曜日、祝日、12月29日から1月3日まで
※12月29日から12月31日までは、状況に応じて受入を行う場合があります
電話番号 0263-47-2079
持ち込み可能な品目 松本市内または山形村内から発生したごみのみ
※他市町村で発生したごみを持ち込むことはできません。

受入品目と持込料金
区分 持込料金
可燃ごみ 10キログラムあたり150円
破砕ごみ
可燃性粗大ごみ
(大型家具、布団、畳など)
容器包装プラスチック

よくわからない…という方は自治体へご連絡ください。

これは自治体で処分できるのか?というご質問は以下の連絡先に直接ご相談ください。

名称 環境部 環境業務課
電話番号 0263-47-1096

自治体処分に向いていないケースと業者のメリット

粗大ごみを自治体・行政を活用して出すことができれば、無料もしくは格安で処分することが可能です。ですが、

  • 大量の粗大ごみ処分をしたいが、行政では対応してくれない…。
  • そもそも粗大ごみが大きすぎて屋外に出すこともできない…。
  • 全てを一気に片付けたいが、行政では捨てられないゴミもあると言われた…。

このようなケースだと、自治体・行政での粗大ごみ処分には不向きだと思われます。また、お急ぎの場合では自治体・行政では柔軟な対応はしてくれません。

また、持ち込み処分などの場合では、「持ち込むためのトラック」などをレンタルしていると、レンタル料や借りるために移動したり、自治体に運んだりする時間コストを考えると、結果的に費用は高くなることもあります。

片付け110番の想い

無料・格安で処分ができるのはみなさんが納めている「税金」によるおかげです。払った税金なので、今回のような自治体での処分方法をお読み頂き、ご自身で処分できることがベストだと思っております。

ですが、ご自身で処分できる方ばかりではなく、「困ったから何とかしてほしい…。」というお声を全国より頂いております。そこで片付け110番では、自治体では解決できない粗大ごみの処分に対応するサービスを行っております。
※実際に回収・処分するのは各地域で活躍している提携業者様です。

粗大ごみを処分したいけれど「行政では回収してくれないと言われた…。」「どこに頼んでいいかわからない…。」「急いでいるけどどこもスケジュールがいっぱいで困っている…。」「信頼できる業者に頼みたい。」そのようなお悩みをお持ちの方、一度片付け110番にご相談ください。

  • 365日年中無休
  • 最大1億円の賠償保険付
  • お客様満足度90%以上

「自治体で処分したいから外に出すだけでも手伝ってほしい!」など、どんな小さなお悩みでも解決いたします。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちらお急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。