京都市内で粗大ごみ・大型ゴミの回収処分を検討中の方の向けて、京都市での粗大ごみ・大型ゴミ処分時の費用・回収方法~手順までのすべてをまとめました。京都市の行政・自治体での処分方法なので、安心して処分できます。

京都市にお住いの方は是非参考にしてみてください。

「お急ぎの粗大ゴミ処分」
であればお力になれます。

即日
対応
可能

即日対応専門サービスだからできる緊急対応!
夜間早朝も対応・年間8万件以上の相談実績。

年中無休・分別不要

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

なお、以下の市区町村での粗大ごみの出し方も京都市と同様です。

京都市の粗大ごみとは?

京都市での粗大ごみとは、燃やすごみでは集められない大型のごみや、引越しや大掃除、庭木のせん定など一時的に多く出たごみが対象です。

※危険なものや事業活動に伴うごみ、処理が困難なもの、家電リサイクル法対象品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機)は受付できません。

粗大ごみとして処分できないもの
  • リサイクル家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコン)に該当するもの
  • 高さ×幅×奥行=30×40×40cm以上のサイズを超える家電
  • 自動車・オートバイ・原動機付自転車
  • ピアノ、タイヤ、耐火金庫
  • 有害な物質を含むもの(自動車バッテリー(二輪車用含む)、小型充電電池、ボタン電池、劇薬・毒物などの薬品類、農薬(園芸用など)、注射器・注射針など)
  • 収集や処理に危険を及ぼすおそれがあるもの(ガスボンベ、使い捨てライター、消火器、石油類(ガソリン,灯油など)、塗料・溶剤、多量のマッチや花火、ガラス、刃物・カミソリ・串など)
  • 体積や重量が著しく大きいもの(自動車・オートバイ・原動機付き自転車、ピアノ、耐火金庫、大型モータなど)

など、詳しくは市で収集できないごみを参照ください。

粗大ごみの回収方法や処分方法

京都市で粗大ごみを回収・処分するには、戸別回収持込み処分の2つの方法があります。

戸別回収・持込み処分とは?
粗大ごみの戸別回収「有料で事前申込制」です。持込み処分「有料」「事前申込不要」です。

戸別回収

「有料で事前申込制」です。
以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。

(1)事前に電話申し込み

あなたの住所,氏名,電話番号,出される品物(品物によっては大きさ等),数量,出す場所をおうかがいします。
その後,収集日,手数料,収集場所をお知らせします。

施設名 京都市大型ごみ受付センター
電話番号 0120-100-530(フリーダイヤル,通話料無料)
携帯電話の場合はこちら(通話料有料)0570-000-247
受付日 毎日(年末年始は除く)
受付時間 午前8時30分~午後4時30分
収集場所 収集車が進入可能かを地図で確認して排出場所を指定します。
収集日 申込み日からおよそ一週間程度
手数料 品目や大きさなどにより異なります。
(400円~2,400円)

(2)粗大ごみのシールを購入する

以下の場所で粗大ごみのシールを購入してください。

粗大ごみのシール購入先

有料粗大ごみ処理券は、京都市内のコンビニエンスストア、スーパー、区役所、北部まち美化事務所などでお求めください。

その他の有料ごみ処理券及び粗大ごみ処理券販売所は以下のURLを参考にしてください。

有料ごみ処理券及び粗大ごみ処理券販売所

粗大ごみのシール購入料金

粗大ごみのシールは、

  • 400円券

の1種類のみです。

それぞれの処分品に記入されている料金に合わせて支払いましょう。
詳しくは、「京都市粗大ゴミ料金表」を確認してください。

(3)当日の朝午前8時までに、申込時に指定した場所に粗大ごみを出す

有料粗大ごみ処理券(シールになっています)に、『収集日』『受付番号』『名前』を記入のうえ、品物ごとに見やすい場所に貼ってください。

その際、シールの裏紙(台紙)は,収集が終わるまで保管しておいてください。

収集は午前8時から1日かかって行います。
なお、現地での立ち会いは必要ありません。

排出時の注意点
  • 前日や夜に出すと,収集業務に支障をきたすことがありますので,当日の朝に出してください。
  • 品物の種類によっては,処理方法が異なるため,2,3台の車が異なる時刻におうかがいすることがあります。
  • 申し込み内容と異なる場合や,手数料券が確認できない場合等は収集できないことがあります。

持込み処分

「有料」「事前申込不要」です。
以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。

(1)各クリーンセンター専用の「搬入申込書」を入手・記入

事前に配布場所にて「搬入申込書」(マークシート方式)を入手し、鉛筆で記入を済ませましょう。

搬入申込書配布場所

各クリーンセンター、環境政策局適正処理施設部施設管理課、各まち美化事務所、区役所・支所内のエコまちステーションで配布しております。

持込み品の注意点

持ち込まれるごみの中に、京都市の資源物回収拠点等で実施している回収品目が含まれていないか、再度ご確認をお願いします。

回収品目の例:リサイクル可能な紙類(新聞・ダンボール・紙パック・雑がみ)、古着、小型家電等

(2)申し込み者本人が自家用車等で持ち込み

施設名 南部クリーンセンター
住所 京都府京都市伏見区横大路八反田29
電話番号 075-611-5362
受付時間 月曜日から金曜日及び第2,第4土曜日(祝日も含む)
午前9時から正午/午後1時から午後4時30分
休所日 日曜日、第1・3・5土曜日
料金 100kgまで:1,000円
100kg超から600kgまで:1,500円/100kg
600kg超:2,000円/100kg
施設名 東北部クリーンセンター
住所 京都府京都市左京区静市市原町1339
電話番号 075-741-1003
受付時間 月曜日から金曜日及び第2,第4土曜日(祝日も含む)
午前9時から正午/午後1時から午後4時30分
休所日 日曜日、第1・3・5土曜日
料金 100kgまで:1,000円
100kg超から600kgまで:1,500円/100kg
600kg超:2,000円/100kg

持ち込む時の注意点
  • 持ち込みには身分証明書を持参してください。
  • 産業廃棄物はクリーンセンターに持ち込むことはできません。
  • お車で持ち込まれる場合は、2トン車までとなっています。
  • 一度に多量のごみを持ち込む場合は、お引き受けできないことがありますので、事前に各クリーンセンターへお問い合わせください。

よくわからない…という方は自治体へご連絡ください。

これは自治体で処分できるのか?というご質問は以下の連絡先に直接ご相談ください。

名称 生活環境美化センター
電話番号 075-691-9376(大型ごみ・一時多量ごみの申し込み・問合せ)

自治体処分に向いていないケースと業者のメリット

粗大ごみを自治体・行政を活用して出すことができれば、無料もしくは格安で処分することが可能です。ですが、

  • 大量の粗大ごみ処分をしたいが、行政では対応してくれない…。
  • そもそも粗大ごみが大きすぎて屋外に出すこともできない…。
  • 全てを一気に片付けたいが、行政では捨てられないゴミもあると言われた…。

このようなケースだと、自治体・行政での粗大ごみ処分には不向きだと思われます。また、お急ぎの場合では自治体・行政では柔軟な対応はしてくれません。

また、持ち込み処分などの場合では、「持ち込むためのトラック」などをレンタルしていると、レンタル料や借りるために移動したり、自治体に運んだりする時間コストを考えると、結果的に費用は高くなることもあります。

片付け110番ができること

無料・格安で処分ができるのはみなさんが納めている「税金」によるおかげです。払った税金なので、今回のような自治体での処分方法をお読み頂き、ご自身で処分できることがベストだと思っております。

ですが、ご自身で処分できる方ばかりではなく、「困ったから何とかしてほしい…。」というお声を全国より頂いております。そこで片付け110番では、自治体では解決できない粗大ごみの処分に対応するサービスを行っております。
※実際に回収・処分するのは各地域で活躍している提携業者様です。

粗大ごみを処分したいけれど「行政では回収してくれないと言われた…。」「どこに頼んでいいかわからない…。」「急いでいるけどどこもスケジュールがいっぱいで困っている…。」「信頼できる業者に頼みたい。」そのようなお悩みをお持ちの方、一度片付け110番にご相談ください。

  • 365日年中無休
  • 最大1億円の賠償保険付
  • お客様満足度90%以上

「自治体で処分したいから外に出すだけでも手伝ってほしい!」など、どんな小さなお悩みでも解決いたします。

即日
片付け
可能

手に負えない、困った状況をすべて解決!
365日年中無休・即日対応・明朗会計です。

女性スタッフ対応

各種クレジット対応

安心の1億円保証付

0120-538-902


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

京都市の出張粗大ごみ処分サービスについての詳細は、京都府地域密着の不用品回収サービスをご覧ください。