加古川市内で粗大ごみを回収・処分してもらいたい方のために、加古川市での粗大ごみの回収方法~手順までのすべてをまとめました。

加古川市の行政・自治体での処分方法なので、安心して回収を任せることができます。加古川市にお住いの方は是非参考にしてみてください。

加古川市の粗大ごみとは?

加古川市での粗大ごみとは、45リットルのポリ袋に入らない家具・布団・敷物・電気製品などです。

粗大ごみ例
  • 家具類…タンス・応接家具・机・椅子・鏡台・衣装ケース など
  • 敷物・寝具類…ふとん・ベッドのマットレス・毛布・電気毛布・カーペット・電気カーペット など
  • 電気製品類…ガステーブル・電子レンジ・ステレオ・ホームこたつ・ストーブ など
  • その他…スキー板・自転車・オルガン・マッサージ機・物干し竿・物干し台・ガラス戸・畳・介護用電動ベッド・クーラーボックス・たらい・脚付の将棋盤 など

※棒状のものは、束ねて10本までを1点とします。(例:スキー・ゴルフクラブ・竹刀・野球のバッド など)※物干し台(コンクリート)や脚付の将棋盤・基盤などは、45リットルのポリ袋に入っても粗大ごみとして取り扱います。

粗大ごみとして処分できないもの
  • 家電リサイクル法対象品(テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機)
  • パソコン(キーボード・マウス・プリンター・スキャナー・ワープロ専用機は除く)
  • 危険物(プロパンガス・消火器・ガソリン・灯油・塗料・シンナー類・廃油・劇薬・農薬など)
  • 処分困難物(タイヤ・自動車部品・原動機付二輪車・ドラム缶・大型機械・ピアノ・耐火金庫など)
  • 建築廃材(がれき・流し台・浴槽・便器・壁天井材・スレート・瓦・ブロック・レンガなど)
  • 事業系ごみ(飲食店・喫茶店等の各種店舗・会社・工場・事業所等から出るごみ)

粗大ごみの回収方法や処分方法

加古川市で粗大ごみを回収・処分するには、戸別回収持込み処分の2つの方法があります。

戸別回収・持込み処分とは?

粗大ごみの回収・処分は、「有料で事前申込制」です。

回収処分前の注意点

行政・自治体で粗大ごみを処分するのは「加古川市内に居住所がある個人」に限ります。市外に居住所がある場合や事業者は対象外です。

戸別回収

「有料で事前申込制」です。
以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。

(1)事前に電話(またはFAX)で申し込み

申込先 粗大ごみ受付センター
電話番号 079-426-5374
FAX番号 079-421-3553
受付曜日 月曜日~金曜日(祝日含む)
(12月29日~1月3日の間は休みです)
受付時間 9:00~17:00
注意事項
  • 一度の予約で受付できる数は5点までです。
  • FAXの場合、申込完了までの時間がかかりますのでご了承ください。
  • 排出日・排出場所を決め、必要な金額・受付番号をお伝えします。
  • 予約の際にお伝えする受付番号は、確認の場合などに必要となりますので、収集が完了するまで、控えておいてください。
  • 申込内容の変更は収集日の3日前(土・日曜日、年末年始の日数は除く)までに粗大ごみ受付センターまでご連絡ください。

(2)粗大ごみ収集処理券の購入

料金:1枚 300円(処理券は300円一種類のみです。)

収集手数料

収集手数料は粗大ごみの長辺(縦・横・高さの中で1番長い部分)の長さで決まります。
(たらいなどの円形のものは直径が該当します。)

最も長い一辺または直径 料金 処理券
90cm未満 300円 1枚
90cm以上1m80cm以下のもの 600円 2枚
1m80cmを超えるもの 900円 3枚

必要な金額に応じた枚数の処理券を購入してください。※購入できる店舗は「資源物」と「ごみ」分別の手引き(PDF)の11ページをご覧ください。

※処理券を誤って貼ってしまった場合や、破損(紛失)の場合には、再発行できませんのでご注意ください。

(3)収集日に粗大ごみを排出

収集日当日の午前8時までに粗大ごみ処理券を貼って、家の前など受付時に決めた場所へ排出してください。※処理券に『受付番号』を記入して、粗大ごみ1点ごとに見やすい場所に貼ってください。

注意事項
  • 処理券は、一度はがすと貼り直しできませんので、ご注意ください。
  • ごみの収集時間はお約束できません。
  • 収集時の立ち合いは必要ありません。
  • 粗大ごみを出していただく場所は、原則としてご自宅前となります。ただし、マンション・アパート等の集合住宅にお住まいの方については、各部屋の前まで収集にお伺いすることが出来ませんので、従来のゴミステーションなどに出していただくことになります。
  • ご自宅前の通路が狭く、収集車が侵入できない場合なども、従来のゴミステーションに出していただくことがあります。
  • 処理券が貼られていない、枚数が不足している、予約の品目とは違う物が出されているなどの場合は収集することが出来ません。

持込み処分

「有料で事前申込制」です。
以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。

(1)施設へ自己搬入する

事前に電話にて連絡してください。

施設名 加古川市リサイクルセンター
住所 加古川市平荘町磐1146
電話番号 079-428-2391
受付曜日 月曜日~金曜日(祝日含む)※剪定枝のみ上記に加えて土曜日(祝日含む)※年末年始の受付は、広報誌などでお知らせします。
受付時間 8:15~15:30
持ち込みできるもの 市内の家庭から発生した、剪定枝・燃やさないゴミ・粗大ごみ
・燃やさないゴミ:陶器類・ガラス混合物・金属類・小型家電など
・粗大ごみ:家具・電気製品・寝具など

注意事項
  • 市外からのごみの持ち込みはできません。
  • 薬品や爆発の危険性のあるもの、処理困難物は持ち込みできません。処理できないものはお持ち帰りいただきます。

(2)処分代を現金で支払う

10㎏ごとに80円
※処理手数料を退場時に現金でお支払いください。※処理券等の事前販売はありません。

よくわからない…という方は自治体へご連絡ください。

これは自治体で処分できるのか?というご質問は以下の連絡先に直接ご相談ください。

名称 環境第1課(環境美化センター2階)
電話番号 079-426-1561

自治体処分に向いていないケースと業者のメリット

粗大ごみを自治体・行政を活用して出すことができれば、無料もしくは格安で処分することが可能です。ですが、

  • 大量の粗大ごみ処分をしたいが、行政では対応してくれない…。
  • そもそも粗大ごみが大きすぎて屋外に出すこともできない…。
  • 全てを一気に片付けたいが、行政では捨てられないゴミもあると言われた…。

このようなケースだと、自治体・行政での粗大ごみ処分には不向きだと思われます。また、お急ぎの場合では自治体・行政では柔軟な対応はしてくれません。

また、持ち込み処分などの場合では、「持ち込むためのトラック」などをレンタルしていると、レンタル料や借りるために移動したり、自治体に運んだりする時間コストを考えると、結果的に費用は高くなることもあります。

片付け110番の想い

無料・格安で処分ができるのはみなさんが納めている「税金」によるおかげです。払った税金なので、今回のような自治体での処分方法をお読み頂き、ご自身で処分できることがベストだと思っております。

ですが、ご自身で処分できる方ばかりではなく、「困ったから何とかしてほしい…。」というお声を全国より頂いております。そこで片付け110番では、自治体では解決できない粗大ごみの処分に対応するサービスを行っております。
※実際に回収・処分するのは各地域で活躍している提携業者様です。

粗大ごみを処分したいけれど「行政では回収してくれないと言われた…。」「どこに頼んでいいかわからない…。」「急いでいるけどどこもスケジュールがいっぱいで困っている…。」「信頼できる業者に頼みたい。」そのようなお悩みをお持ちの方、一度片付け110番にご相談ください。

  • 365日年中無休
  • 最大1億円の賠償保険付
  • お客様満足度90%以上

「自治体で処分したいから外に出すだけでも手伝ってほしい!」など、どんな小さなお悩みでも解決いたします。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
※各種クレジットカード(Visa、Master)払い対応。
※お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちら※各種クレジットカード(Visa、Master)払い対応。
※お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

加古川市の出張粗大ごみ処分サービスについての詳細は、兵庫県地域密着の不用品回収サービスをご覧ください。