伊予市内で粗大ごみを回収・処分してもらいたい方のために、伊予市での粗大ごみの回収方法~手順までのすべてをまとめました。

伊予市の行政・自治体での処分方法なので、安心して回収を任せることができます。伊予市にお住いの方は是非参考にしてみてください。

伊予市の粗大ごみとは?

伊予市での粗大ごみとは、原則として、45リットル指定袋に入らないもので、大人一人が持ち運びできるものが対象となります。

粗大ごみとして処分できないもの
  • リサイクル家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコン)に該当するもの
  • 事業系のごみ(会社・工場・事務所・飲食店・農業・漁業などの事業活動に伴って生じるごみ)
  • 危険性のあるごみ(バッテリー、消火器、ガスボンベ、廃油、塗料、シンナー、農薬、毒物、医療用廃棄物(在宅用補充パック、脱脂綿、ガーゼ類、薬は除く)など)
  • 収集処分が困難なごみ(自動車・単車(部品も含む)、タイヤ、農機具、家の改修などで出る建設廃材、農業用ビニール、ピアノ・大型家具など容量や重量が大きくて、大人一人で収集できない物)

粗大ごみの回収方法や処分方法

伊予市で粗大ごみを回収・処分するには、戸別回収の方法があります。

戸別回収

粗大ごみの回収・処分は、「有料で事前申込制」です。

回収処分前の注意点

行政・自治体で粗大ごみを処分するのは「伊予市内に居住所がある個人」に限ります。市外に居住所がある場合や事業者は対象外です。

戸別回収

以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。

回収時の注意事項
  • 申込み1回(1期限)につき、申し込みできる品目は5個までです。(年6回最大30個までになります。)
  • 申し込み期限経過後の品目の追加及び変更はできません。(取り消すことはできます。)
  • 郵送の場合、申し込み期限日の消印有効となります。
  • 申し込み期限が過ぎた場合は、次回の申し込みになります。
  • 受付期間修了後、約3週間で収集日が記載された通知ハガキがご自宅に届きます。通知ハガキには粗大ごみシールが付いています。
  • 通知ハガキに付いている粗大ごみシールはよく見える所に貼ってください。
  • 収集日の8時30分までに、申し込まれた場所に出してください。収集は、15時ぐらいまでかかる場合もあります。(16時を過ぎても残っている場合はご連絡ください。)
  • 収集日の本人立会いは不要です。雨天でも収集します。
  • 申し込み品目と異なる場合、及びシールが貼られていない場合は収集しません。
  • 出し忘れた場合は、再度お申し込みください。

(1)はがきで申し込む

粗大ごみ申込期間カレンダーで、申込期間を確認し、カレンダーについている「はがき」で収集を申し込みます。

申し込み時の注意事項
  • 申込み1回(1期限)につき、申し込みできる品目は5個までです。(年6回最大30個までになります。)
  • 申し込み期限経過後の品目の追加及び変更はできません。(取り消すことはできます。)
  • 郵送の場合、申し込み期限日の消印有効となります。
  • 申し込み期限が過ぎた場合は、次回の申し込みになります。

(2)通知はかきが、自宅に届く

受付期間終了後約3週間で、収集日と収集する粗大ごみを記載した通知はかきが、ご自宅に届きます。

通知はがきについての確認事項
  • 通知ハガキには粗大ごみシールが付いています。
  • 通知ハガキに付いている粗大ごみシールはよく見える所に貼ってください。

(3)収集日に粗大ごみを排出

収集日の朝8時30分までに、市から送付された通知はがきの裏面についている「粗大ごみシール」をよく見えるところに貼って、申し込まれた場所に出します。

排出時の注意点
  • 収集は、15時ぐらいまでかかる場合もあります。(16時を過ぎても残っている場合はご連絡ください。)
  • 収集日の本人立会いは不要です。雨天でも収集します。
  • 申し込み品目と異なる場合、及びシールが貼られていない場合は収集しません。
  • 出し忘れた場合は、再度お申し込みください。

よくわからない…という方は自治体へご連絡ください。

これは自治体で処分できるのか?というご質問は以下の連絡先に直接ご相談ください。

名称 産業建設部環境保全課
電話番号 089-909-6338

自治体処分に向いていないケースと業者のメリット

粗大ごみを自治体・行政を活用して出すことができれば、無料もしくは格安で処分することが可能です。ですが、

  • 大量の粗大ごみ処分をしたいが、行政では対応してくれない…。
  • そもそも粗大ごみが大きすぎて屋外に出すこともできない…。
  • 全てを一気に片付けたいが、行政では捨てられないゴミもあると言われた…。

このようなケースだと、自治体・行政での粗大ごみ処分には不向きだと思われます。また、お急ぎの場合では自治体・行政では柔軟な対応はしてくれません。

また、持ち込み処分などの場合では、「持ち込むためのトラック」などをレンタルしていると、レンタル料や借りるために移動したり、自治体に運んだりする時間コストを考えると、結果的に費用は高くなることもあります。

片付け110番の想い

無料・格安で処分ができるのはみなさんが納めている「税金」によるおかげです。払った税金なので、今回のような自治体での処分方法をお読み頂き、ご自身で処分できることがベストだと思っております。

ですが、ご自身で処分できる方ばかりではなく、「困ったから何とかしてほしい…。」というお声を全国より頂いております。そこで片付け110番では、自治体では解決できない粗大ごみの処分に対応するサービスを行っております。
※実際に回収・処分するのは各地域で活躍している提携業者様です。

粗大ごみを処分したいけれど「行政では回収してくれないと言われた…。」「どこに頼んでいいかわからない…。」「急いでいるけどどこもスケジュールがいっぱいで困っている…。」「信頼できる業者に頼みたい。」そのようなお悩みをお持ちの方、一度片付け110番にご相談ください。

  • 365日年中無休
  • 最大1億円の賠償保険付
  • お客様満足度90%以上

「自治体で処分したいから外に出すだけでも手伝ってほしい!」など、どんな小さなお悩みでも解決いたします。

片付け110番へのお問い合わせはこちら
※各種クレジットカード(Visa、Master)払い対応。
※お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。
片付け110番へのお問い合わせはこちら※各種クレジットカード(Visa、Master)払い対応。
※お急ぎではない方は『メールフォーム』よりご相談ください。

伊予市の出張粗大ごみ処分サービスについての詳細は、愛媛県地域密着の不用品回収サービスをご覧ください。