片付けや収納方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シワの心配バイバイ!服の片付け方と収納方法

「服の片付けのやり方がわかりません。服をタンスに入れなくて床に置いてしまい、どんどん溜まってしまいます」

「服のシワが気になります。いくら綺麗に畳んでも、やはり畳んでしまうとシワや折り目が付いてしまいます。どうすればいいですか?」

「いつも綺麗にたたんで収納しても、服にシワがついてしまいます。服にシワにならずに綺麗に収納できる片付け方を教えて下さい」

という、衣類の片付けの方法や、シワや折り目が付きにくいたたみ方について、多くの女性の方が悩んでいるようです。

僕は男なので、あまり服の折り目って気にならないのですが、僕の姉はそういう衣類の折り目をかなり気にしています。

例えば、クローゼット等のハンガーを引っ掛けられる棒があるじゃないですか?

あの棒が太ければ太いほど、丈の長い服に折り目を付けずに、収納することができるということで、僕の部屋のクローゼット等のハンガーが掛けられる棒には、姉の衣類が結構掛かっています。

今回は、そんなウチの姉が実践している服の収納の仕方や、服のたたみ方について紹介していきます。

続きを読む

時短で無駄を省く!整理整頓と収納の4つのコツ

「小物や衣類やかばんを収納して片付けたいのですが、家具をどう活用していいかわかりません」

「要らない物を捨てて整理整頓をしようと思うのですが、何をしたらいいのか分からなくて困っています」

「自分の部屋に脱いだ服や教科書やカバン、プリント等が落ちていてとても汚いのです。どうしたら部屋を整理整頓できますか?」

という整理整頓や収納について困っている人からメールが届きます。

僕もそうでしたが、特にマフラーやサンダルなどの季節によって使うような物の収納って、それぞれの季節に必要な物を出して、必要でなくなった物をそこに片付けたら良いという単純なことなのに、なぜかサボっていました。

そうなると、冬物も夏物も全てが部屋の中に混在してしまって、足の踏み場がないくらい収拾がつかないことになってしまいました。

しかも父が転勤族だったので、引越しの度に荷造りに大変な思いをしてきました。

「これではいけない!」

そう奮起して、整理整頓の仕方やコツを学んで、散らかっている物を捨てて収納したおかげか、足の踏み場がないというようなことはなくなり、引越しの時に大変な思いをせずに済みました。

今日は、その方法について紹介していきます。

続きを読む

着たい服を早く見つけられる、クローゼットの片付け・収納のコツ

多くの方から「クローゼットの中の洋服をキレイに片付けたい」という質問をよくいただきます。

服を買い足していくと、次第に量が増えていき、家や部屋の収納を圧迫し、遂には収納から溢れ、リビングの床の上やソファの上に無造作に置いてしまう…

仕方ないですよね、だって気に入った服は欲しいし買っちゃいますよね。

しかし、そうはいっても着ない服も出てくるでしょう。

そんな着ない服を処分すれば、新たに収納スペースが生まれるけど、また着るかもしれないし、もったいないし、なかなか処分する気になれない…

そんなお悩みを抱えているあなたに、クローゼットを片付けて起こる良いことや、具体的な片付けのコツを紹介していきます。

続きを読む

片付け上手で収納上手になるための、物の捨て方の「極意」

「家や部屋の片付けや収納ができない!!!」

この悩みで困っている方、結構いらっしゃるんですよね。

それまでは、片付けや整理整頓が苦手でできなくても、そんなに困るということが無いって方が、結婚や出産等で妻になったり母親になったりがキッカケで、家の中や部屋の中の掃除や片付けをせざるを得なくなったという話をよく耳にします。

この話は、女性の方に多いですね。

そして、近年増えているケースが、「年老いた親」の物の片付けで困っている中高年の人が多くいらっしゃると聞きます。

今の中高年の親世代の多くの方は、太平洋戦争の戦災をくぐり抜けてこられました。

だからなのでしょうか?

その年代の方たちは、我々の世代のような「モノに囲まれた生活」ではなく、戦争でモノが無かった時代を生きてきたため、モノへの執着心が強い傾向があるとされます。

つまり、もったいなくて「物が捨てられない」ということです。

そういった方の片付けは簡単ではありません。

本当に物が多いです。

だから、今の中高年の方で、自分たちの親の物の片付けで悩んでいる方は本当に多いです。

兎にも角にも、片付けをする上で「捨てる」という行為は避けては通れません。

そんな「捨てる」ということの重要さや、捨てるよりも大切なことや、捨てる方法について、紹介していきます。

続きを読む

上手くいけば仕事になるかも!?「整理収納アドバイザー」で片付けのプロに

「自分の部屋や知人友人の部屋が汚いから、片付けの仕方や整理整頓の仕方を勉強したい」

「部屋の片付けをするために整理収納アドバイザーの資格を取って収納技術を学び、使わない物を捨てたい」

「整理収納アドバイザーの資格を利用して、就職をしたり自分でビジネスを立ち上げたい」

というお悩みをよく聞きます。

今は、空前の「片付けブーム」と言われています。

片付けや整理整頓に関する様々なサービスや本や雑誌が、数多くリリースされています。

そこで今日は、片付けや整理整頓に関する世の中の流れや、それに付随した資格やビジネスについて、紹介していきます。

続きを読む

リビングをキレイに片付けるための4つの「収納のコツ」

僕には幼稚園の時から仲が良い友達のS君がいるのですが、僕は未だにS君の「家」に入ったことがありません。

その友達の母親が「家の中が汚いから」と言って上げてくれません。

よっぽど家に他人を上げたくないのでしょう。

家の外のスペースに、キャンプ等で使う折りたたみのイスとテーブルを持ってきて、そこでお茶を振る舞われたこともあります(笑)

その時の僕はその友達の母親からしてみれば、「息子の友達」という立場なのでソレでも良いでしょう。

しかし、もし立場が上の客人が家に来た場合は、この母親はどうするのだろうと思った記憶があります。

やはり、玄関とリビングは綺麗にしておいた方が、良いと思うのです。

今、この文章を呼んでいるあなたの家のリビングは、綺麗ですか?

リビングは綺麗にしておいた方が良いと思いませんか?

続きを読む