片付けや収納方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

物が多くて大変!子供の物の片付け・収納の方法

服とか、おもちゃとか、絵本とか、子供が使ったり遊んだりする物って増えがちで、片付けが面倒ですよね。

僕の幼なじみで二児の母であるMさんは、日々の家事や育児に追われたおかげで、家の中は自分や旦那さんや子供の物が散らかり、キッチンも汚れていました。

するとある日、突然家に来た義理のお母さんに散らかった状態の家を見られてしまい、Mさんは怒られてしまいました。

元々片付けや掃除や整理整頓といったことが苦手なMさんは、面倒だからと部屋の片付けを意識して避けてきていましたが、義理のお母さんに怒られたことと、上の子が幼稚園に入園し子供の世話の負担が少し楽になったので、これをキッカケに部屋の片付けをしようと思いました。

しかし、片付けや整理整頓が苦手で避けてきたので、やり方やコツがイマイチわからないとのこと。

Mさん自身が思うように、棚やおもちゃ箱の収納の場所を変えたり、絵本の並べ方を変えてみたりといろいろとやってみたそうなのですが、どうもしっくりこない。

「しっくりこないけど、このままの状態ではまたお義母さんに怒られてしまう…」
「怒られてしまう恐怖以上に、この家は散らかっているのでなんとかしたい…」
「でもやり方がわからない、どうすればいいのか…」

なんてことを思っていました。

そんな時に、偶然僕に会うことがあり、僕が片付け110番のブログ更新を担当していると言ったら、このような話をしてくれました。

僕もMさんをなんとかしたいと思ったのですが、いかんせん僕は独身だし子供もいないし、パッとアドバイスができないと思ったので、片付け110番と関係のある整理収納アドバイザーの方を紹介しました。

整理収納アドバイザーの方のアドバイスを元に、Mさんは一生懸命片付けました。

結果的に、かなり良い感じに片付いた上に、思いがけない結果も付いてきました。

今このブログを読んでいる方の中で、このような子供が使う物の片付け方や整理整頓の仕方がわからなくて困っているという方は、いらっしゃいませんか?

今回は子供に関わる物が散らかっていて困っている方に、整理収納アドバイザーの方がMさんに教えて実践して成功した、子供服や絵本やおもちゃの片付け方や収納の仕方について、紹介します。

続きを読む

マンションの収納力不足を解消させる、片付けの3つのコツ

「わかってはいたけど、やっぱりマンションは勝手が違うわね…」

化粧品会社で営業をしているEさんがそう言いました。

生まれてから今まで一戸建ての実家暮らしだったEさんは、つい最近結婚をされて、旦那さんと2人で賃貸のマンションに引っ越しました。

しかし、初めてのマンション暮らしが慣れないらしく、なかなか新婚生活が満喫できないそうです。

僕「何が一番しっくりこないんですか?」

Eさん「物件を決める時に、私がもっと深く考えれたら良かったんだけど、とにかく収納が少ない!仮に子供ができたら、子ども部屋があるマンションに引っ越すか、家を建てたり買ったりしようかとは考えているけど、今は私と主人のふたりでもちょっとキツい状態よ」

僕「まあでもそんなモンですよね」

Eさん「実家はお父さんが建てる時にいろいろ考えられてて、外の物置も含めて結構収納があって困ることはなかったんだけど、マンションは難しいねえ、後から物置を買って置くっていう、これ以上収納を増やすってことができないもんね」

僕「確かに。何を収納するのに一番困っているんですか?」

Eさん「布団よ。クローゼットがあるんだけど、服とかいろんな物が入っていて布団が入る余地が無いのよ。ベッドにしようかとも考えたんだけど、そうすると部屋が狭くなるしどうしようかなって」

僕「そういう問題って、整理収納アドバイザーの◯◯さんに頼むのが一番じゃないですか!Eさん知ってるでしょ?」

Eさん「知ってるけど…あんまり濃い関係じゃないし頼みづらいよ…」

僕「僕はしょっちゅう会ってますから、話をしておくことができますけど?」

Eさん「本当?だったらお願いします!」

ということで僕から整理収納アドバイザーの方に連絡して、Eさんと引き会わせました。

そして整理収納アドバイザーの方が、マンションの収納の少なさで困っているEさんへアドバイスをしました。

そのアドバイス通りに部屋を工夫したら、以前よりも収納ができるようになり、問題だった布団のことも解決したそうです。

今このブログを読んでいる方の中にも、住んでいるマンションの収納について困っている方がいらっしゃるのでは?

今回は、マンションの収納の少なさに困っている人に向けて、収納力不足を解決する片付け方法を紹介します。

続きを読む

部屋の既存の収納を上手に活用した、片付け・収納方法

「う~ん、まいった」

妹がそう話かけてきました。

僕が何が参ったの?と聞くと、多すぎて散らかっている服を片付けるために、カラーボックスやチェストを通販で買って、その中に服をしまっているはずなのに、まだ部屋の中で散らかっているとのこと。

「収納用具を買ってきたのにまだ服が散らかっているってどういうこと!?」

と思い、妹の部屋の収納を見せてもらいました。

部屋に入ると、すでに部屋の中や布団の上は、洋服やマンガなどで散らかっているのですが、収納の引き出しの中を見た瞬間に、答えがわかりました。

引き出しの中で、服が散らかっているのです。

妹曰く、とりあえず衣類を引き出しに入れておけば、服が部屋の中で散らかることはないだろうと思ったとのことですが、このままでは収納用具を買った意味がなく、ただの箱です。

以前姉が試して片付いた例があるので、それを参考にすれば上手くいくのではと思い、やってみたところ、それ以後妹の部屋の中が服で散らかることは少なくなりました。

このブログを読んでいる方の中で、収納はあるのに衣類やその他の物が片付かなかったり、部屋の中で散らかっているって方はいませんか?

今回は、収納する用具はあるにも関わらず、服が散らかっていたり量が多かったりしていて、片付ける方法や収納方法がわからない方に、部屋の既存の収納を上手に活用した、片付けの方法と収納方法について紹介します。

続きを読む

誰でもササっとできる!片付け・収納のマル秘テクニック

「このあいだ、突然義理の両親がウチに来てさ、こっぴどく怒られたよ」

前の会社の同期が、電話でこんなことを言いました。

どうやら奥さんの方の両親が、突然家に来たそうです。

僕「なんで怒られたん?」

同期「へ、部屋が散らかってたから…」

僕「あっ…(察し)」

その同期は大学の同級生でもあるのですが、学生の時の彼の部屋は、それはそれは“凄い”部屋でした。

玄関を開けると通路があって、洗濯機→キッチン→部屋という配置だったのですが、キッチンのあたりの通路が「丘」みたいになっていて、その「丘」を超えないと部屋まで行けないという、まるで「アトラクション」のような部屋でした。

僕「まさか今の部屋も『あの頃』みたいな丘があるん?」

同期「いや、さすがにそこまでじゃない」

結婚して奥さんができてから、いくぶんはマシになったそうですが、奥さんもそこまで片付けや掃除にパッションがある人ではないみたいです。

しかもふたりとも共働きで、ふたりとも夜遅くに帰ってきて、休みの日はふたりともゴロゴロしているそうなので、なかなか部屋の片付けができていないそうです。

そんな状態の部屋に、突然義理の両親が来たので、奥さんともどもこっぴどく怒られたそうです。

同期「前に整理収納アドバイザーの人が提携先さんだって言ってたじゃん?何か良い方法ないか聞いてきてくれない?」

僕「もうお金払って来てもらったら?」

同期「その方が良いかも」

ということで、整理収納アドバイザーの方からいろいろとアドバイスを受けたそうです。

同期が聞いたそのアドバイスの中に、「誰でも簡単に部屋を片付いた状態にできる方法」というのがあるらしく、もし今度突然義理の両親が来ることになったらやってみようと思っているらしいです。

誰でも簡単に部屋を片付いた状態にできる方法…僕は非常に気になりました。

その同期に方法を聞いてみたんですが…驚くべき内容でしたw

今このブログを読んでいる皆さんの中にも、そんな夢のような方法を知りたいって方がいらっしゃいますよね?

今回は、誰でも簡単に部屋を片付いた状態にできる方法を紹介していきます。

続きを読む

言葉の意味から導いた、部屋の片付け・整理整頓・収納の方法

「二人も子供がいたら、本当に大変よ」

幼なじみのK子ちゃんは短大卒業後に結婚・出産していて、同級生の中では早い段階でママになりました。

現在は5歳と2歳の二児の母で、専業主婦です。

僕「何が一番大変なの?」

K子「何が一番っていうか、子育てをしながら洗濯物を畳んだり料理したり掃除したりと、家事の全てをこなさないといけないから、家事の順番だとか時間配分が難しいね」

僕「正に分刻みのスケジュールみたいな?」

K子「そんな感じね」

そういった話をしていました。

話をしている最中に、彼女がこう言いました。

K子「一番大変なことと言えば、私は昔から片付けというか、整理整頓というか、そういった類いのことが本当に苦手で、今もそれを引きずってるって感じ」

僕「へえ、それは意外だ」

K子「何から、どこから、どうやってやればいいかわからないし、そもそも『片付け』とか『整理整頓』とか、似たような言葉がたくさんあってよくわからないのよね」

僕「なるほど」

K子ちゃん「そういう家事の時間って極力短くしたいの。何か良い方法はないかしら?」

僕「提携先さんの整理収納アドバイザーの人が言っていたけど、そういう場合って『言葉の意味』がわかったらベストな方法や対策がわかるらしいよ」

K子「何それ聞きたい!その人を紹介して欲しい!」

というわけでK子ちゃんに提携先さんである整理収納アドバイザーの方を紹介しました。

K子ちゃんはその人から言葉の意味を元にした細かいアドバイスをもらい、そのアドバイス通りにした結果、苦手だった片付けや整理整頓ができるようになったそうです

K子「夫にも義理のお母さんにも褒められたよ!ありがとう!」

そう褒められました。

今回は、「掃除や片付けや整理整頓ってどういうこと?何をすればいいの?」という方に向けて、そのK子ちゃんが実践して成功した片付け・整理整頓方法について紹介します。

続きを読む

脱・狭い部屋をして広く使える部屋にするための4つの工夫

「家族が増えると、部屋が狭く感じるのよね」

仕事で行ったとある米屋さんのおかみさんが、雑談をしている時にそう言いました。

県外に住んでいたおかみさんの娘さん一家が、娘さんの旦那さんの仕事の都合で、おかみさんの家に同居するようになったのです。

しかし、おかみさんの家は元々家族4人が住んでいた家で、今はおかみさんの旦那さん、娘さんと旦那さんと幼稚園のお孫さんの5人が住むようになり、大人4人の荷物が家が狭く感じているそうです。

娘さんの旦那さんの仕事は転勤が多く、近い将来またどこかに転勤するようになるらしいのですが、それがいつになるかわからないとのこと。

「孫がいる生活は楽しいのだけれど、やっぱり大人が4人もいるとなると狭く感じるねえ」

おかみさんは嬉しさ半分、少し困っているようでした。

僕はおかみさんを助けてあげたいなと思い、提携さきさんを紹介しようと思いました。

僕「僕が働いている会社の提携先さんで、不用品回収の会社をしている社長さんがいるんですよ。
その人、整理収納アドバイザーの資格を持っててコンサルタントもしている方なんで、ひょっとしたらおかみさんの力になるかもしれませんよ」

おかみさん「そんな人と提携しているの?是非紹介して欲しいわ!」

僕はさっそくその場で提携先さんに連絡を取りました。

そしてたちまち、数日後におかみさんの家に行くということになりました。

その後、そのおかみさんから電話がかかってきました。

おかみさん「社長さんの言うとおりにしたら、以前とは見違えるくらいに家と部屋が広くなったわ!ありがとうございます!」

僕「お力になれたようで、僕も嬉しいです!」

後日、その社長さんに会うことがあったので、一体どのような方法を取ったのか聞いてみました。

社長「いろいろと“秘策”を使ったんだよ…聞きたい?」

と仰るので、いろいろと聞いてきました。

このブログを読んでいる方の中にも、

「家族で住んでいる部屋が狭く感じる」
「子どもの物も夫婦の物も多くて困っている」
「少しでも部屋を広く使うためのアイデアや工夫を探している」

という方がいらっしゃると思います。

今回はそんな狭い部屋を脱して、家族みんなが快適に過ごせるような広く使える部屋にする方法やアイデアを紹介します。

続きを読む

100円グッズでカンタンに収納道具が作れる、DIYのやり方

僕は先日まで、“本立て”が欲しいと思っていました。

僕はバイクに乗るのですが、関連する雑誌で好きな物があり、インターネットオークションでちょくちょく買うのです。

たまに片付けと称して、もう読まない雑誌を捨てたり友達にあげたりするのですが、何冊かは手元に置いています。

それらの雑誌を収納しておく本立てが欲しいと思っていたのですが、買うとなるとソコソコの値段がするのです。

だったら自分で作ってしまおうと思っていたのですが、手が進まず作り方を調べることも無くいました。

適当な物をリサイクルショップで買おうかなと思っていました。

そんな時に、友人のバイク仲間の家に遊びに行きました。

その人はバイクのオイル交換はもちろんチェーンの張り替えまで自分でやってしまうような人なのですが、家にはイスや机といった、自分で作ったような物がたくさんありました。

そういった物の中に、僕がその時まさに欲しかった本立てがありました。

僕「これも自作なんですか?」

知「そうそう!板すのこをくっつけて作ったの」

僕「えー凄い!コレくださいよ!」

知「嫌だよ!でも作り方教えてあげるわ!」

というわけで、その人からすのこの本立ての作り方を教えてもらいました。

その他にも、いわゆる「DIY」のことについて、いろいろと教えてもらいました。

今このブログを読んでいる方の中に、

「ちょっと収納が欲しいんだけど、買うほどの物じゃないしなあ」
「自分でちょっとした収納を作ってみたいけど、やり方がよくわからない」

と感じている方はいらっしゃいませんか?

今回は、100円ショップで売っている物を使ってDIYをして収納に役立てたいという方に、DIYで簡単に収納を作る方法や、そもそもDIYとはつまり何なのかということを紹介します。

続きを読む

【100均グッズ活用】片付け・整理整頓・収納の3つのコツ

「何か良い方法はないかしら?」

服の片付けをしていた母が、僕にそう言ってきました。

どうやら、服の片付けをしたらクローゼットの中にスペースが空いて、そのスペースをどうにか服を収納できるようにしたいのですが、良い方法が思い浮かばないのだそう。

「スペースの寸法を測ったんだけど、家具屋さんに行ってもホームセンターに行っても、良いと思える物が無いの」と言います。

なんでも、幅に合わせると奥行が足りなかったり、奥行に合わせると幅がオーバーしてしまったりで、ピッタリ合うような物が見つからないそうです。

僕もなんとかしたいと思い、インターネットで調べたり片付けの本などを読んだりしていました。

そうしている時に、提携している不用品回収会社の社長さんから電話が来たので、ついでに何か良い方法がないか尋ねてみました。

するとその方は、「100均に売ってある“ある物”を使えば、ひょっとしたら上手くいくんじゃない?」と言ってくれたので、早速母と100均に行き、その“ある物”を買いました。

すると、見事に寸法ピッタリの物があったので、それを買って使うことにしました。

母も、調度良くぽっかり空いたクローゼットのスペースを有効に使えたので、非常に満足しています。

このブログを読んでいる方の中にも、「もっと賢い服の収納方法を探している」とか、「100均の物を上手く使った整理整頓方法はないか」と思っている方がいるのではないですか?

そして、不用品回収会社の社長さんが教えてくれた、100均に売ってある“ある物”の正体を、知りたくないですか?

この“ある物”の正体は、下の「片付けや収納で使える100均グッズ」で紹介します。

今回は、片付けや整理整頓の方法と、不用品回収会社の社長さんが教えてくれた収納力を上げるために効果的な、100均グッズ活用法を紹介します。

続きを読む

断捨離したい方必見!3つの要素が身につく片付けと収納のコツ

「何か良い方法ないかな?」

同期の女の子が部屋の片付けで困っているそうです。

「インターネットでいろいろ探して試したし、図書館で『こんまりさん』の本も借りて読んで試したんだけど、なかなか上手くいかない。すぐに散らかっちゃうの」

と、本人はいろいろと頑張って努力してやっているみたいなのですが、上手くいかないみたいです。

部屋には物が散らかり、特に服は量が多くクローゼットや衣装ケースの中は洋服で溢れているらしいです。

その話を友達何人かで聞いていたのですが、一人の友達が、

「断捨離はしたの?」

と言うのです。

言った友達以外の、僕も含めた全員が一斉に

「えっ、『片付け』=『断捨離』なんじゃないの!?!?」

と叫びました。

するとその友達が

「違う違う!全然違うよ!」

と言うので混乱してしまいました。

僕はそれまで「片付け」=「断捨離」だと思って、半ば汚部屋に近かった自分の部屋の片付けをした時に、

「いや~、俺断捨離したのよ~」

と友達に言っていたのに、それらは別々のことだと知って驚愕しました…

今このブログを読んでいる人の中にも、片付けと断捨離が同じ意味だと思っていた人がいらっしゃるんじゃないですか?

教えてくれた友達は以前、たまたま立ち読みした本で片付けと断捨離の違いを知り、その本を買って家に帰って、実際に自分の部屋の“断捨離”をしてみたそうです。

すると、片付いただけでなく散らかりにくい、まるで魔法をかけたような部屋ができたというのです。

今日は、片付けを断捨離が違うと教えてくれた友達が実践した、断捨離の方法や、感じた効果を紹介します。

続きを読む

散らかりにくい部屋が手に入る!全5つの片付けのコツと収納術

「家の中に主人の物や子供の服が散乱していて片付かない」

「物が多い割に部屋が狭く収納が少ないので、片付かない」

「使いやすい収納の仕方が分からない」

と悩んでおられる方、いらっしゃいませんか?

できることなら、スッキリと片付づかれていて快適な部屋や家に住みたいですよね。

僕はかねてから片付けや整理整頓が苦手で、学生の時は汚部屋のような部屋に住んでいました。

僕の住んでいた部屋はロフトが付いていたのですが、要らない物や使わない物を捨てずにロフトへポーンの投げていたので、もうロフトがゴミの山の状態でした。

ある頃、大学に行くのが面倒くさくなって何週間か行かなかった時に、心配したゼミの友達と、あろうことか担当教授が下宿先の家に来てくれました。

その先生は非常にキレイ好きで、研究者では珍しく片付かれた研究室にいました。

教授は僕の部屋を見るなり、「ダメだこりゃ」と言い、僕に片付けや掃除のいろんなノウハウや極意を教えてくれました。

僕と友達そして教授まで助けてくれて、部屋をキレイになりました。

キレイにしたと同時に、散らかりにくい部屋になりました。

その時の驚きは今でも忘れられません。

ゴミの山状態だったロフトまで片付けてくれた、教授と友達には本当に感謝しました。

今は実家の自分の部屋にいますが、その時教授に教えられたノウハウを元に部屋をつくりました。

今回はそんな、キレイ好きの大学教授が教えてくれた、物が散らかりにくくなる片付けのコツと収納術の極意をご紹介します。

続きを読む