片付けや収納方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年末の大掃除前に読もう!やる気の上げ方・片付け・収納方法

年末になるとどの家庭でも「大掃除」をすることと思います。

普段は掃除しない場所、掃除が面倒だったりできなかったりするところをキレイにすることと思います。

しかし、そんな普段はしないところもキレイにするとなると、いつもの掃除よりも時間が多くかかってしまいます。

同時に、年末はおせち料理を作ったり親戚が来る準備をしたりと、掃除以外にもやることが多くて忙しく、なかなか大掃除だけに時間を割くわけにはいかないですよね?

となると、年末の大掃除は一気にするか、事前に計画を立ててコツコツするかという進め方になると思います。

「丸一日か二日空けて、そこで一気に掃除をしてしまおう」

「ひとり暮らしのワンルームだから、荷物もそんなにないし半日もあればできるでしょう」

「大晦日にザザーっとやってしまおう!」

そんな風に考えている方って多いのではないでしょうか?

しかし、年末の大掃除だけでなく普段の掃除や片付けに関しても、掃除は一気にせずに計画的に進めることをオススメします。

一体なぜでしょうか?

今回は、なぜ掃除や片付けは一気にしてはいけないのかということや、掃除の計画の立て方やモチベーションの上げ方などについて紹介します。

続きを読む

干すも洗うもしまうも一苦労!布団の手入れ・片付け・収納のコツ

布団の片付けや収納って、面倒じゃないですか?

例えば掛け布団の場合だと、寝て起きた後にどこに置いておこうかと思うのはもちろん、春や夏になって分厚い掛け布団が必要なくなった時に、押し入れに入れるのが面倒じゃないですか?

また敷き布団だと、掛け布団同様起きた後にどうしようか悩ましいですし、掃除をしようと思うとかなり邪魔ですよね。

おまけにどちらもかなり場所を取るので大変です。

また、布団って手入れの仕方が厄介ですよね?

ずっと使っていると湿気たり虫が湧いたりするので、日に当てて干すなどしなければなりませんが、花粉の時期や黄砂が届く時期だと、なかなか屋外に布団を干すということもできません。

このような布団に関する収納や手入れに関して、悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

今回は、様々な形状の布団の片付け方や収納方法や、花粉や黄砂の時期の布団の手入れの仕方、また布団にまつわる便利なグッズについて紹介します。

続きを読む

散らかったテーブルにウンザリ!テーブルの4つの片付け・収納術

  • ダイレクトメール
  • 手紙
  • 食器
  • 筆記用具
  • お茶っ葉
  • 調味料
  • タバコ
  • 洗濯物
  • その他諸々

いろんな物がたくさん置いてあって、実質半分くらいしかテーブルとして使えないってこと、ないですか?

食事をする時は、邪魔なそれらの物を避けてしている。

邪魔な物は処分したいけど、家族それぞれの物ばかりだから、勝手に捨てることもできない…

「自分の物でいる物は持って行って!いらないなら捨てて!」と家族に言っても、みんななかなかそうしてくれないってこと、ないですか?

僕の家も、かつてはそのような状態でした。

ダイニングテーブルの上に、僕や妹の郵便物や書類が徐々に溜まっていく状態が続いていました。

母が片付けろと口やかましく良妻賢母ぶりを発揮するのですが、僕はその都度片付けて、妹は知らんぷりという状態でした。

また筆記用具も、もうインクの出なくなったボールペンやマーカーがいつまでも筆立てに立てられてある状態、新聞は数日前からの物が数部置きっぱなしの状態が続いていました。

こんな我が家のダイニングテーブル事情は、少しの片付けや収納の工夫で、劇的に改善されました。

おかげで食事の時にいちいち物をどけることも無くなり、母がガミガミ怒ることもなくなりました。

今このブログを読まれている方で、ダイニングやリビングに置かれているテーブルの片付けや整理整頓で困っている方はいらっしゃいませんか?

また、就学児のお子さんをお持ちのご家庭で、子供をリビングで勉強させているというところがあるかと思います。

でも、既にいろいろな用途で使われ、様々な物が置かれているテーブルで、子供が勉強するとなると更に物が増えてどうしようと思っている方もいると思います。

今回は、リビングやダイニングにあるテーブルの整理整頓や片付けの仕方、収納に関する方法やコツについて紹介していきます。

続きを読む

かさばりがちな新聞・雑誌の片付け・収納の3つのコツ

家の中が、部屋の中が散らかっていて片付けないとと思っている方は多いと思います。

そんな方の中で、新聞を購読している方はいらっしゃいませんか?

新聞って毎日届くから、あっという間に溜まりませんか?

僕は大学三年生の時に、就職活動に役に立つと言われて新聞を取り始めました。

でも結局読まなくて、玄関先にドンドン溜まっていくのです。

しかも新聞って一部だけだと大した重さじゃないのに、溜まるとビックリするくらい重くて、片付けをさらに一層億劫にさせるのですよね。

遂に玄関先は新聞だらけになってしまい、以前ご紹介した時に一緒に片付けてもらいました。

同時に新聞の購読も止めたのですが、玄関先に新聞がたまらない上に、心なしかもうひとつの“恩恵”を受けることになりました。

皆さんも新聞や雑訴の処分で困った経験ありませんか?

また、新聞や雑誌を片付けることで得られる“恩恵”を知りたくないですか?

今回は、新聞の片付けで困っている方に、新聞を片付けることで得られる“恩恵”や、億劫にならない新聞の片付け方や、サッと捨てられるような収納の方法を紹介していきます。

続きを読む

育児がラクになる!幼児向け家庭の片付け・収納ノウハウ

僕は今27歳なんですが、周りの友達を見回すと結婚や出産を経験する人達がポツポツ出てきています。

特に結婚・出産が早かった友達の元には、もう既に2~5歳くらいの子どもがいたり、2人くらい子どもがいる友達もいます。

そんなもう既に子どもがいる友達達みんなが口を揃えて言うのが、やはり子どもがいろんな物を散らかして、それを片付けるのがとても辛いとのこと。

子どもが散らかした物を親がやっと今片付け終わったと思ったら、子どもはすぐさま別の物や部屋の中を散らかし始めているのを見ると、もうグッタリしてしまうのだそうです。

何人かの友達は、「子どもが散らかすのは仕方ない。僕らだってこうやって親を困らせてきたはずだから。ただ、もっとラクに片付けられたら、もっといろんなことができるのに」と言います。

今このブログを読んでいる方の中にも、自身のお子さんの物の片付けで悩んでいたり、もっと効率よく片付けられる収納方法がないか知りたいと感じている方はいらっしゃいませんか?

今回は、幼い子どもさんを持つ親御さんに向けて、子供服やおもちゃなどの片付け方や収納の仕方、さらには増えすぎた子どもの物の捨て方等について、紹介していきます。

続きを読む

【簡単】小学生が使う4つの物の、ラクな片付け・収納方法

お子さんがいる親御さんで、お子さんの片付けについて悩んだり困ったりしている方はいらっしゃいませんか?

来年から小学校に進学する息子が、おもちゃなどの片付けが未だにできない。

この調子で小学校に上がれるのだろうか?

いくら指摘しても、小学生の娘が片付けをしてくれない

学校から帰ってきたら、制服を脱いでリビングにほったらかし。

こんな状態で大きくなられては困る

あなたのお子さん、こんなことになっていませんか?

そのようにならないように、小学生のうちは親の目の届くところで何もかもさせようと思い、家族が揃うリビングやダイニングでお子さんに勉強をさせようと思っている親御さんも多いと聞きます。

しかし、小学生低学年のウチはリビングでの勉強をしていても困ることはなかったのですが、中学年、高学年になるに従って、勉強で使う学習用具や筆記用具や増えていき、次第にダイニングテーブルやリビングを圧迫し始めたというご家庭もあると聞きます。

部屋に子どもだけにさせると片付けてくれないかもしれないし、勉強どころか学習机が散らかってしまうかもしれない。

かといって親の目の届くところにいさせると子どもの物で家族の居住空間が圧迫されていく…悩ましいですね。

今回は、次第に物が増えて片付けが難しくなる小学生の子どものことでお困りの方のためになるような、小学生くらいの子どもでも片付けがしやすい収納方法や、リビングやダイニングの子どもの勉強道具や筆記用具の収納方法について紹介します。

続きを読む

片付けられる?仕事になる?整理収納アドバイザーについて

近頃、日に日に需要が高まっている片付けや整理整頓。

「断捨離」という言葉で一気に火が付き、一般家庭の片付けや整理整頓だけではなく、企業でも今まで以上に整理整頓を推奨していっています。

とある企業では外部から「片付けのプロ」を招き、社員に机を始めとした仕事環境を整理整頓することで、さらに効率よく質の高い仕事をしてもらうと考えているところもあります。

さて、そのような時に活躍するのが、片付けのプロこと「整理収納アドバイザー」や「整理収納コンサルタント」と言われる人です。

こういった人って、どうやったらなれるんでしょうか?

「整理収納アドバイザー」や「整理収納コンサルタント」とは、資格なのでしょうか?

その資格を取るためには、何が必要なのでしょうか?

資格が取れたら、一般家庭から企業からバンバン仕事が入ってくるのでしょうか?

今回は、整理収納アドバイザーと整理収納コンサルタントと呼ばれる片付けに関する資格について、紹介していきます。

続きを読む

そんな人っているの!?片付けや収納の先生や業者について

片付けとか掃除とか収納とかが苦手な人の中で、もはや自分ひとりではどうにかしようという気力さえ湧かなかったり、時間の余裕がなくて、

「もう誰か代わりにやってくれないかな?」

って考えたことのある人って、僕の他にもいるのではないでしょうか?

僕も学生の時に住んでいたアパートの部屋は、ビックリするくらい散らかっていて、もはや自分ひとりで何とかしようとは思わない状態でした。(結局、プロではないですが手伝ってもらってキレイな部屋になりました)

また、別に片付けや掃除をしてくれなくてもいいから、それらの方法を教えてくれるような、言わば先生のような人がいないかと思っている人はいませんか?

でも、

「一体どうすればそういった業者や、先生のような人を探すことができるのか?」

「そもそも、そんな都合の良い存在なんているのか?」

「もしいたとして、片付けや収納に関する依頼をした場合、いくらくらいの費用が必要になるのか?」

って思っていませんか?

今回は、片付けや収納が苦手だという方に、片付けや収納に関する業者やコーチングについて紹介します。

続きを読む

家や部屋の片付けで役立つ、片付け方法と収納用具について

「整理整頓が苦手」と言っても、「どこ」の整理整頓が苦手かというのは、人によって様々です。

「玄関は他人に見られるからキレイにしておきたい」

「キッチンは調理する場なので、衛生面を気にしてキレイにしておきたい」

「来客が来るかもしれないから、リビングは恥ずかしくない程度にしておきたい」

というように様々です。

僕が整理整頓が苦手な友達に「片付けができるようになったら、どこを片付けたい?」と尋ねると、だいたいの人が自分が普段居る部屋と答えます。

「仕事で疲れて帰ってきても、散らかった自分の部屋を見るとまたさらに疲れる」

「必要な物を探しているのだけど、いらない物が多すぎて見つからずイライラしてしまう」

「足の踏み場が無いので気をつけて部屋の中を歩くのだけれど、何か固い小物を踏んで痛い思いをしてしまう」

家で大半の時間を過ごす自分の部屋をキレイに整理整頓したいと思っている人が多いです。

そのようなことを思っている人の中でも、部屋に置いてある机をもっと整頓したいという人がいます。

「勉強に集中したいけど、机の上が散らかっていて集中できない」

「明日必要な参考書が見つからず、どうしようかと思っている」

「机の上は教科書やプリントや暗記カードが山積み…」

あなたやあなたの周りにも、こういった部屋や机の片付けの悩みを抱えている人は、いらっしゃるのではないでしょうか?

でも具体的な片付けの方法がわからなかったり、使える収納ツールがあればもっとキレイに片付くのにと思っていませんか?

今回は、個人の部屋と学習机の片付け方や、収納で使える道具や用品について紹介していきます。

続きを読む

コレで食べていけるのか?片付けと収納に関する資格について

世の中には片付けが苦手という人がいますが、逆に片付けや整理整頓が得意という人もいます。

僕の知り合いにも何人かそういう人がいますが、そういう人達の中には片付けが好きすぎて、これを仕事にできないかと考えている人がいます。

「自分の部屋や知人友人の部屋が汚いから、片付けの仕方や整理整頓の仕方を勉強したい」

「部屋の片付けをするために整理収納アドバイザーの資格を取って収納技術を学び、使わない物を捨てたい」

「整理収納アドバイザーの資格を利用して、就職をしたり自分でビジネスを立ち上げたい」

中には、むしろ片付けや整理整頓が苦手なのだけど、片付けや整理整頓に関する資格の勉強をして、逆に片付けが得意になって他人にも教えられるようになりたいと考えている人もいます。

今このブログを読んでいる人の中にも、そのように整理整頓や片付けが仕事にならないか考えている人はいらっしゃいませんか?

また、そのような仕事がしやすくなる許可や資格がないか知りたいという方はいらっしゃいませんか?

今回は、整理整頓に関わる資格についてや、整理整頓が仕事になるのかということについて、紹介していきます。

続きを読む