片付けや収納方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

発達障害の疑いがある人が実践したい片付けのコツや収納術

子供の頃から部屋を片付けることが苦手で、親から『おもちゃを片付けなさい』と言われていたことがある人は多いと思います。

成長し学生になると勉強やサークルが忙しく、部屋が散らかっていて生活スペースが少なくても、汚いままでも、そんなものだと思って過ごしてきたかもしれません。

大人になり就職してみると、仕事ではミスが多く仕事がうまくこなせなくて悩んでいる人や、結婚してから自分がどんなに努力をしても、どうしても部屋を片付けられないことに気付き悩んでいる人が、『難しいことではないのに、どうしてうまくできないのだろう?』と調べているうちに、自分が発達障害ではないかと心配になり、病院で診断を受ける人が増えているそうです。

部屋を片付けたいけれど、どうしても片付けられなくて困っている人が、自分が発達障害ではないかと心配になって病院を受診したところ、自分が発達障害、または発達障害の傾向があると言われたとしたら、『発達障害だから片付けられなかったんだ…。』と納得しながらも、『発達障害だからこれから先も部屋を片付けができるようにならないのだろうか?』と不安になってしまいますよね。

発達障害があっても、工夫をしたりコツをつかめば片付けられるようになるのでしょうか。

何年か前、テレビでADHDという発達障害の夫婦が、『片付けられない』という障害を乗り越えて、2人で工夫や努力をしながらとても片付いた部屋に暮らしているという番組を観たことがあります。

その夫婦は2人ともADHDだったので、お互いが片付けられない理由がよく分かるので、お互いが片付けができるようになる収納や方法を、工夫しながら生活していました。

この夫婦のように発達障害があってもその発達障害を知ることで、自分が苦手とする部分をよく理解し、弱点を乗り越える方法を身につけながら生活することで、『片付けられない』という障害があっても片付けられるようになるのです。

そこで今回は、自分が片付けられない障害を持っているのではないかと思っている人のために、発達障害があっても部屋を片付けられるようになり、そのまま片付いた部屋で生活できるようになる収納や方法のコツをご紹介します。

続きを読む

誰でも出来る!むやみに処分できない時の片付け過ぎない収納術

田舎の方へ行くと、お葬式をはじめ、ことあるごとに親戚一同が実家へ集まることが多いですよね。

そのため多くのお客さんを迎えるために、多くの食器や小物類、着物、座布団、机などが保管してある家がよくあります。

母屋の横に物置小屋があったり、プレハブ倉庫があったりして、その中にたくさんの荷物が置かれているのをよく見かけます。

普段は使わないものですが、必要な時はないと困るものなので、保管しておかなければならないものです。

いくら広い収納場所があるからといって、何があるのか分からなかったり、どこにあるのか分からなかったりすると、いざ使おうとするとき困ることがあるかもしれません。

ひとり暮らしのように少ない収納ならまだしも、たくさんのものを収納片付けしなければならない時、どのように収納片付けすればいいかわからないものです。

必要のないものは処分して少ないもので暮らすというのが、現代の流行りともなっていますが、そうは言ってもたくさんのものを備えてそれを管理していかなければならない生活スタイルをとらなければならないというのが、多くの人の現状です。

それではどうすれば多くのものを効率よく収納することができ、片付けが楽になるのでしょうか。

物が多いといえば、私の実家のことを思い出しました。

私の実家はお客様が多く、以前は20人から30人、今でも10人ほどのお客様が来られることを常に考えて食器類の準備をしています。

ですからお客様専用の食器棚を用意して、そこへお客様専用の食器をいつも収納しています。
そこにある食器類は普段使いをしていないので、自宅の台所ではなくお客様用の部屋に置いてあります。

お客様の用の部屋に置いてあれば、たくさんのお客様が来られた時は、食器を運ぶ手間も少なくなりますし、気心の知れたお客様ですと、食器を出す作業をお客様が手伝ってくださることもあります。

今よりたくさんのお客様が来られることが多かった頃は、湯呑やコップなどかさばる物は、透明の収納ケースにまとめて入れて、そのケースごと積んで収納していたものでした。

以前は家に泊まられるお客様のために、布団類もたくさん準備していましたが、今ではお客様は家に泊まるよりも近くにのホテルに泊まるようになり、布団は家族の分だけ持つようになりました。

お客様用の椅子や机もありますが、折りたたんだり積み重ねたりできるテーブルや椅子を、普段は重ねて収納してあります。
現在来られるお客様の人数に合わせて、椅子やテーブルの数も減らしました。

いつ多くのお客様が来られるか分からないお宅では、準備しておく『お客様用品の数』を調整し、よく使う分と時々使う分とに分けて、来られるお客様の人数に合わせて収納方法を変えておくことが、使い勝手の良い収納片付けの方法ではないかと思います。

それでは今回は、お客様用のものなど普段は使わないけれど、管理していかなければならないものをたくさん持っておられる人のために、簡単に大量収納が出来て、使いやすい片付けの方法について紹介します。

続きを読む

お金・仕事になり得るか!?片付け・収納の資格・検定について

世の中には様々な資格や検定が存在します。

病院の事務をするためにあるのが「医療事務」、税金・保険・年金などを提案するための「ファイナンシャルプランナー」、不動産の取引で欠かせないのが「宅地建物取引士(宅建)」など様々です。

中には変わり種な資格もあって、ニワトリの雛のオスメスを区別する「初生雛鑑別師」や、テレビ・ビデオ、エアコン、冷蔵庫など消費者に合った商品についてアドバイスする「家電アドバイザー」といった物もあります。

一時期は「就職や仕事に有利」ということで、資格や検定のブームまでもありました。

さて、世の中様々な資格があるということなのですが、実は片付けや収納などに関わる資格があるということをご存知ですか?

その名も「整理収納アドバイザー」や「整理収納コンサルタント」と言います。

名前の通り整理整頓や片付けや収納方法に関しての知識を得て、そのノウハウを他の誰かに教えることができる…という資格なのです。

でも、「この資格が無ければ整理整頓のノウハウを他人に教えられない!」というと、そうではありません。

別にこの資格が無くても、整理整頓や片付けのノウハウを他人に教えても、何の問題もありません。

では、何のための資格なのでしょうか?

今回は整理収納アドバイザーや整理収納コンサルタントという資格について、この資格を取ることで仕事はあるのか?お金になるのか?

どれくらい勉強すれば取得できるのか?どうすれば取得できるのかという疑問について、紹介します。

続きを読む

コツは環境の整備!幼稚園に通う子どもの片付け・収納の方法

僕の従姉妹が子育てに非常に苦労しています。

上の子は小学校に上がって多少落ち着いたのですが、幼稚園に通う下の子が活発で手に負えないです。

特に片付けができない。

出したおもちゃは出しっぱなし、食べた物は散らかしっぱなし、脱いだ服は放りっぱなし。
リビングなんていつも大惨事状態です。

従姉妹が片付けたら、今度はまた別の物や場所を散らかし始めるので、もう休まる暇が無いのだそう。

同じように幼稚園に通うお子さんをお持ちの親御さんも、同じような悩みを抱えているのではないでしょうか?

従姉妹自身、子どもを取り巻く環境の中でいくつかの疑問があると言うのです。

ひとつは、上の子どもも下の子どももそうなのですが、学校や幼稚園でいろんな物を作って持って帰ってくるんです。

絵を書いたり粘土で人形を作ったりといった物です。

そういった物って、一体どうすれば良いのか、いつまで取っておけば良いのかということです。

叔母(従姉妹の母)や他のママ友曰く、そういった物はずっと取っておくべき物だと言うのですが、それにしてもドンドン溜まっていくので家や部屋を圧迫していくので、従姉妹自身いかがなものかと思うのです。

ただ、こんまりさんが著書で書いているような「迷った物を捨てていく」やり方も抵抗があってできないのです。

ふたつ目は、子どもの洋服に関してです。

とにかく子どもは成長が早いので、このあいだまで着れていた洋服が「もう着れなくなった…。」なんてザラにあること。

どんどん服を買い足していくのですが、服の量と収納が追いついていないのです。
洋服が増えるにつれて洗濯物も自然と増えていくものです。

子どもの服の収納について、何か良い方法を模索しているのです。

もうひとつは、子ども自身が自発的に物の片付けをしてくれるためにはどうすれば良いか、ということです。

子どもの年齢を考えると高望みなのかもしれませんが、小さい時期から片付けができていれば、大きくなってから躾け(しつけ)なくても良いのではと考えています。

今このブログを読まれている皆さんも、そういったことで悩んでいたり考えていたりする方がいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、幼稚園に通うお子さんを取り巻く片付けのことについて、工作物の捨て時や自発的に整理整頓ができるようになる促し方や、おもちゃや洋服の片付けや収納の方法について、紹介していきます。

続きを読む

【必見】お部屋の片付け・収納の方法・やる気の上げ方とetc

片付けや掃除が上手い人、そうでない人、そもそも物が捨てられない人とバンバン捨てられる人…

片付けという観点で見ても、世の中には様々なタイプの方がいるんだなと感じます。

片付けが上手な主婦がいれば、苦手な主婦もいらっしゃいます。
片付けが上手なご主人がいらっしゃれば、苦手なご主人もいらっしゃいます。

僕の周りにもいろいろなタイプの人がいます。

例えば20歳の女性M子さん。

M子さんはとにかく物が増えるのが嫌なタイプです。

部屋の写真を見せてもらったことがあるのですが、部屋にあるのはベッドとちゃぶ台のようなテーブル、キッチン周りも必要最小限の物だけと、20歳の女性の部屋とは思えないほど物が無い洗練された部屋でした。

通販やインターネットオークションで買った物が届くと、梱包されているダンボール箱はすぐにバラして所定の位置に置いておき、ある程度溜まると捨てるようにしています。

ゴミ箱も分別ごとに用意しており、中がいっぱいになると捨てるようにしています。

(服も持ってなさ過ぎて、出かける時にたまに困るという弊害もあるようですが…)

片や、28歳の男性P君。

P君はM子さんとはまるで逆のタイプで、とにかく持っている物が多過ぎて片付けられないタイプの人間です。

まず趣味が多く、ロードバイク・オートバイ・楽器・読書…

おかげで家の部屋の中はロードバイク本体・フレーム・オフロードバイクのタイヤ3セット・その他バイク用品の数々(ヘルメットが全部で6つ)・ギター・ベース・トロンボーン・チューバ、そして本棚や机の上には山のような蔵書と書類の数…

住んでいるアパートは2部屋と比較的広いのですが、物が多過ぎて空きスペースがなく驚くほど窮屈。

おまけに掃除をしない、というか物が多過ぎて掃除ができない状態なのです。
勉強机なんていつも書類やおもちゃが山積みになってしまっています。

「いらない物は捨てれば良いのに」と僕が言うと、P君は

「これらの物全てで、僕という人間が構成されているんだ。捨てることはできない、例え壊れていようとね」

と言うのです。

もう本当に、世の中には様々なタイプの人間がいるのだなあと感じます。

今このブログを読まれているあなた、片付けできますか?物は捨てられませんか?

今回はお部屋の片付けや掃除や収納に関して、ノウハウやテクニックやメンタル面などの包括的なことについて紹介します。

続きを読む

これで散らからない!部屋の片付けと収納で大事な3つの要素

「片付けをやってもやっても、またすぐに散らかってしまう!」

「気がついたら服が部屋の中で散乱している!」

「自分の片付けの、一体何がマズいのかわからない!」

お部屋の片付けや掃除について、こういった悩みをお持ちの方っていらっしゃいませんか?

僕も、僕の姉も一時期は部屋が散らかっていて片付けるのですが、またすぐに元の状態に戻ってしまい、定期的に大掛かりな大掃除をしていました。
※寝室なんて常に散らかり放題で、寝場所もなかったくらいです…。

「こんな大掃除を定期的にするのは嫌だなあ」と思っていたのですが、片付けや掃除に関するいくつかの「あること」を忠実に守れば、その後派手に物が散乱することがなくなり、日常の少しの努力でキレイな部屋を維持できるようになりました。

さて、このいくつかの「要素」って、一体何だと思いますか?

今回はキレイな部屋が維持できるようになるための、片付けや掃除や収納に関する「要素」を紹介していこうと思います。

続きを読む

楽してキレイを手に入れろ!片付け・収納代行サービスについて

「どうしても片付けや整理整頓が苦手!できない!」

「私も主人も朝早くから夜遅くまで仕事をしているので、疲れて時間も無いのでなかなか家の中の片付けができない…」

「小さな子どもの世話でてんてこ舞い。とても掃除している場合じゃない!」

このように様々な理由で片付けや掃除ができていないという方って、意外と多いのではないかと思います。

そういった方達の誰もが一度、このように思うのではないでしょうか?

「自分達ではもうどうすることもできないから、誰か代わりに片付けや掃除をして欲しい!」

今このブログを読んでいるあなたも、一度はこう考えたことがあるのではないでしょうか?

でも、一体誰に頼めば良いのかよくわからない、そんなサービスがあるのか?どんな業者があるのか知りたいと思うのではないでしょうか?

今回は片付けや掃除や整理整頓を、自分ではなく他の誰かにやってもらう「片付け代行」について紹介します。

続きを読む

押入れを今よりも更に有効に使う、布団・服の片付け・収納術

家の収納がクローゼットしかないという人もいれば、逆にタンスや押し入れしかないという方、または両方あるという方もいらっしゃるでしょう。

できれば収納というのは、しまっておく物の形状や重量によって適した場所が良いと思うのですが、なかなかそうはいかないと思います。

今回は、家の収納が押し入れしかないという方は必見の内容です。

服や本や小物やアクセサリーなど収納すべき物はあるのに、住んでいる家の、家の部屋の収納が押し入れしかないとなると、少し困るのではないでしょうか?

例えば、服はどのように収納するのが良いのでしょうか?

吊るして収納する服はどのように収納すれば良いのでしょうか?

また、「収納が押し入れしかない」となると、きっと部屋は畳の和室なのではと思います。

そうなると、あなたはベッドではなく畳の上に布団を敷いて寝てらっしゃるのではないですか?

布団、どうしていますか?

使った後に、その都度畳んで押し入れに収納していますか?

家や部屋の収納が押し入れだ、押し入れしかない、押し入れの収納に困っているという方に、押し入れを収納スペースとして活かす方法を紹介します。

続きを読む

収納ボックスを増やすその前に…しておくべき「片付け」

「部屋が片付かないから、収納部分を増やせばいいじゃないか!」

そう思っていた時期が、自分にもありました。

部屋の中で散らかっている物を全て収納して見えなくすれば良いと思い、ホームセンターでカラーボックスや衣料ケースを数個買ってきて、部屋中に散らかっている物をポイポイしまっていったことがあります。

結果として、解決には至りませんでした。

部屋は全く片付きませんでした。

「片付きませんでした」と言えばウソになりますが、カラーボックスや衣料ケースを買ってきても、結局は散らかってしまったのです。

その上、収納用具が増えたことで“思わぬこと”も起きてしまいました。

今このブログを読んでいるあなた、ひょっとして「部屋が片付かないから収納を増やそう」と考えている方がいらっしゃるのでは?

収納部分を増やすだけでは、散らかった部屋がキレイになることはないでしょう。

今回は、収納ボックスがあるだけでは片付かない理由や、ではどうすれば収納ボックスが有効に活用できるかということ、収納ボックスを使った具体的な収納方法などについて、紹介していきます。

続きを読む

散らからず掃除も楽!片付けも収納も「動線」に沿って

「部屋が散らかっていて、頻繁に物が見つからなくて探す…」

「物が多すぎて、どこに何があるのかわからなくなってしまう…」

「整理整頓したいけど、めんどくさくて…」

そのようなお部屋の悩みを抱えている方、一度「物の定位置」を決めてみてはいかがでしょうか?

いったん物の定位置を決めて「コレはここにしか置かない!」と決めてしまうと、その後物が無くなって探すようなことが格段に減ります。

「でも…どうやって『物の定位置』を決めれば良いの?」

こう思われるかもしれません。

そんな場合は、「動線」を意識してみましょう。

動線とは人が通る道、つまりあなたやあなたの家族が家や部屋の中のどの部分を通って普段生活しているかということです。

動線を意識して物の定位置を決めれば、あなたの部屋で物が無くなるということは減るでしょう。

今回は、なぜ動線を意識すれば部屋がキレイになるかということや、動線を有効に活用した例や、具体的にどうやって動線を考えて物の定位置を決めるのかということについて、紹介していきます。

続きを読む