ADHD診断?片付けられない場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

物が片付けられなくて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

今や自動掃除ロボット「ルンバ」という便利な家電がありますが、それでも家電で掃除できる「限界」というものがあります。

片付け自体が嫌いというわけではないのですが、どこから片付けたらいいのかわからない、また片づけをしたいけれども、その順序が分からないという人も多いのではないでしょうか。

もしかするとそれはADHDという病気なのかもしれません。

あなたが片付けられないのはADHDという病気のせいなのです。

もしADHDだった場合は、どのように対処すればいいのでしょうか?
詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

片付けられない理由

片付けられない理由
片付けられない理由は人それぞれあると思いますが、どのような理由があるのでしょうか?

心理的な理由ももちろんありますが、実は精神病の可能性も考えられるのです。

物を捨てられない

片付けられない最大の理由として挙げられるのは、『物を捨てられないこと』です。

人からもらったものだったり、思い出の品だったり、もしかしたらこれから先また使うかもしれないと不安を感じ始めると、なかなか捨てられないものばかりになってしまいますよね。

物が捨てられなければ、それを片付ける場所というものが必要になってきます。

ですが、自分の部屋、家の中では収納スペースというものが限られているため、物が増えてくれば、それを外に出すことが増えてきます。

外に出すことが増えれば、部屋が散らかって見えてしまいます。

片付けの順序がわからない

片付けをしようと思っていても、片付けの順序が分からないという人も多いようです。

どこから手をつけていいのかわからないという人は多いと思います。

これは荷物が増えていれば増えているほどなおさらです。

せっかく片づけをするのであれば、効率的に早く何とかしたいと思うものです。

片付けているものの、なかなか片付かないのであれば、フラストレーションも溜まってしまいます。

もっと効率的にやりたいと思ってるにもかかわらず、なかなかできないとなると精神的ダメージは大きいです。

一度片付けに失敗してしまえば、二度と片付けをしたいと能動的に思わない人もいるのではないでしょうか。

病気の可能性

片付けがなかなかうまくいかないと自分はだらしない、なんて意志の弱い人なんだと思う人がいますが、実はそれが病気かもしれないということはご存知でしょうか?

意志が弱いわけでもなく、だらしないわけでもなく、不安症というわけでもなく、れっきとした片付けられないという病気の可能性があるのです。

その病名とはADHD(注意欠陥障害)と呼ばれるもの。

この病気は一体どのような病気なのでしょうか?

ADHD(注意欠陥障害)とは?

ADHD(注意欠陥障害)とは?
ADHDとは注意欠陥を引き起こす発達障害のひとつといわれています。

学校の授業に集中できない、気づいたら席を立ってしまっていた、1つのことに集中してられないという子供だけの症状と言われていたのですが、近年大人になってもこのADHDを発症してしまう人が多く見られてきたのです。

ADHDにかかっている人はもちろん人よりも集中力が足りないため、片付けもなかなかできません。

この病気にかかっていれば片付けができないのは仕方のないことなのです。

ADHDになりやすい人

ADHDになりやすい人は『親の躾(しつけ)にある』と言われることもありますが、それはあまり関係ありません。

自分がどう育ってきたかというのはADHDの原因ではないのです。

ADHDの完全なる原因は解明していませんが、今わかっている範囲では大脳の前頭の情報伝達がうまく機能していない可能性が最も高いと言われています。

アメリカで行われたある調査によると、父親か母親のどちらかにADHDがあると、その子どもにADHDがあらわれる確率は最大50%だといわれてます。

つまり、脳の機能が正常に働いていないためADHDが発症してしまい、片付けがうまくいかないのです。

なぜ片付けられなくなるのか?

ADHDは先ほどもご紹介した通り、脳の情報伝達がうまくいかない病気の一つです。

そのため片付けの手順を考えたり、そのモノをどこに片付けようかという情報伝達がうまくいかず、人よりもうまく片付けられないという状況が起こりえてしまうのです。

大人でもADHDになるのか?

このADHDは大人で発症することもよくある病気の一つです。

昔からADHDの症例があり、それをそのまま大人になっても引きずるというパターンが最も多いです。

もし片付けをしている時にうまく頭の中で片付けの手順などがどうしても思いつかないという場合は、このADHDであるかもしれないというのが疑った方がいいかもしれません。

ADHDと診断された場合の対処・治療法

ADHDと診断された場合の対処・治療法
仮に大人になって、ADHDと診断された場合、どのような治療法があるのでしょうか?

治療法としては2つあります。

一つは薬物療法。

処方される薬は精神薬の一種を処方されます。

注意力散漫を緩和したり出来る薬を飲むことによって、ADHDの症例を抑えることができます。

もう一つは行動療法と呼ばれるものです。

なぜ自分ができないのか、どういうことに対して障害があるのかということを専門医と語り合い、その問題点について共に向き合っていくというものです。

根気が必要になりますが、ADHDを完治している人はこの行動療法を中心に行って来た人が多いようです。

まとめ

片付けられないという人はもしかするとADHDという病気になっているのかもしれません。

昔から授業に集中できなかった、一つのことになかなか集中できないという人はもしかすると、ADHDをそのまま引きずっている可能性があります。

自分の意志や能力によって片付けができないというわけではないのです。

もし今までご紹介したような事が思い当たるのであれば、一度専門医に診てもらってはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。